So-net無料ブログ作成

人の死を金儲けの手段にする人 [芸能]

世の中の常識として人が亡くなった後に読経をしたり、儀式を執り行う人
や葬祭業の方の場合は、利益を得るための仕事ではあるものの逆に見れば
これらの方々がいなければ、亡くなった方を弔うことさえ出来ませんので
そういう一般社会で受け入れられている職業の話ではありません。



西城秀樹さんが急性心不全で亡くなり、東京の青山葬儀場で告別式が催行
されて約一万人の方々が焼香と見送りのために集まったようですね。

続きを読む


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

名古屋の中日劇場が閉場 [芸能]

名古屋は昔から芸どころと言われていて、名古屋で興行をして成功したら
東京でも上方(大阪)でも成功間違いなしと言われています。

現代の世の中でも実際に名古屋の人が芸を見極める眼力があるかどうかは
私にはわかりませんが、芝居でも大衆芸能でも少なくとも昭和の時代迄は
名古屋の観客は厳しく役者や芸人を育ててきたとされています。

chunichi_theater.jpg

名古屋には御園座と名鉄ホール、中日劇場の三つの劇場があり、歌舞伎系
や歌手の座長公演(故・美空ひばり、五木ひろしなど)は御園座での公演
松竹新喜劇や宝塚歌劇団、各種劇団の単発公演は名鉄ホール、日本舞踏や
劇団四季のミュージカル(名古屋の劇団四季の専用劇場が出来るまで)は
中日劇場という感じで大雑把な棲み分けがあり、落語や漫才、コントなど
大衆芸能は大須演芸場という感じでした。

続きを読む


nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

全裸の芸はハイレベルなのか [芸能]

脳科学者の茂木健一郎氏が自身のTwitterで日本のお笑い芸人はオワコン
(終わったコンテンツ)だと批判したことに対して、爆笑問題の太田光が
日本のお笑いがレベルが高いと反論しています。

茂木氏は政治家を批判することなく弱者や仲間内の内輪受けのようなネタ
しかできない日本のお笑い芸人は権力を笑い飛ばす知恵もなければ勇気も
ないと評しているわけで、私も個人的にはそう思っています。

いわゆる一発芸で、その芸が飽きられると一発芸人として消えていく。
R-1とかM-1とか芸人のコンテストが多いということは、常に供給を
しないと消費されて消えていく芸人の補充か利かないということであって
そんな実情を見ている限り日本の芸人が多才で、多様性があり海外と比較
してレベルが高いとは思えません。

続きを読む


nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

基本的に性犯罪者の山本圭壱 [芸能]

ファンの少女に対する準強姦という、国によっては死刑に相当する犯罪を
犯したことにより芸能界から追放されたはずの山本圭壱が吉本興業の赦し
を得て、再契約をしたという報道が流れて数か月、少女に対する強姦以外
にも夜の仕事の女性を妊娠させて捨てたとか、後輩芸人たちに女性に酒を
飲ませて意識を朦朧とさせて、すぐに性行為が出来る状態にさせて献上を
させていたというような悪い評判の多い山本圭壱が、おとなしくしている
わけがないと思っていましたが、やっぱりやりましたね。

ky1701.jpg

幸いにして女性に対する悪事ではありませんが、サウナの後から水風呂に
入っている自分自身の全裸画像をインスタグラムで公開したというもので
フェイスブックと同じく、インスタグラムでは裸の画像などは投稿禁止の
はずだと思いますが、そういう規則・ルールを守るという素養がないのか
インスタグラムに投稿したようです。

続きを読む


nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

芸能マスコミの浅はかさ [芸能]

芸能記者ってホントにバカだなと思うわけですが、片岡愛之助が一方的に
熊切あさ美との関係は終わったと言いふらしていた頃、芸能マスコミのみ
ならず、坂上忍とか宮根誠司とか、大手芸能事務所には絶対に逆らわない
提灯持ち芸能人たちは一斉に寄ってたかって熊切あさ美を批判して愛之助
に捨てられたのにいつまでも諦めずに面倒な女などと週刊誌なども散々な
書き方をしていました。

その当時から、個人的には藤原紀香という女の他人をどれだけ傷つけても
金になる男、自分に箔がつく男を自分のモノにしようという我欲の強さに
呆れると同時に、横恋慕をした女に対しては好意的であるにも関わらず、
略奪された女性に対して上から目線で批判をする提灯持ちや週刊誌の記者
に嫌悪感を持っていましたが、最近では片岡愛之助も藤原紀香も叩かれる
ことが多くなって正義はやはり勝つのだ、という心境です。

続きを読む


nice!(40)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能




Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved