So-net無料ブログ作成

オカルト・ミステリー ブログトップ
- | 次の5件

実話・心霊体験 白い影 [オカルト・ミステリー]

暑い夏の間に掲載しようと思っていましたが、タイミングを逃してしまい
ちょっと涼しさも感じられる今頃になってしまいました。

私が高校生の時のことです。
約60年の歴史のある古い学校だったので、いわゆる「学校の怪談」の話題
にはコト欠かないところでした。

三階には入り口を頑丈に釘付けして封鎖されているトイレがありまして、
話によると、数十年前(戦中・戦後のどさくさの頃らしい)に、学校内で
レイプ事件があり、女子生徒がトイレで首吊り自殺をするという事があり
それから、このトイレから泣き声が聞こえたり夜中に守衛が歩いていると
後から引っ張られることがあったりしたそうで、お祓いをしてから二度と
開けられないようにしてしまったということでした。

学校の中でありながら噂が噂だけに誰も近寄らないところでしたが、一度
大掃除か何かの時に一度だけ封鎖を解くという話がありまして、興味津々
の一部の生徒と体育の先生が釘付けされた木の板を外そうとしましたが、
結局は簡単に開くことが出来なくて断念してしまったので、コトの真相は
不明なままなのです。

この話はあくまでも伝聞なので、ああそうだったの?で終わりなんですが
私を含めた何人かは夜の体育館で実物を見てしまいました。

私は演劇部に所属していて、夏休み期間中には県のコンクールがあるので
学校で合宿をし、夜になると体育館のステージで練習をしていたのですが
まず女性の先輩が得体の知れないヒト?を見てしまったのでした。

照明(ライティング)の機材は、ステージの袖側の二階にあったのですが
先輩が二階の照明の調整室にいたら何か階段の方で人の気配がしたそうで
部屋から出てすぐの階段を覗くと、白い着物のようなものを着た女の人が
音もなく階段を登ってくるのが見えたらしいです。

着物を着るようなシーンなんてあったかなぁ?と思いながら見ていると、
その女性は何も言わずに階段を登りきると、真っ直ぐに先輩の方に向いて
滑るように足を動かすことなく先輩の正面に立ちました。

そこで先輩は始めて見たことのない女性で、生気が感じられない寂しく、
そして冷たい目で何かを訴えかけようとしてようだということに気付いて
恐怖で動けなくなったそうです。

女性は一言も発しないまま先輩の前に来て、先輩にぶつかるように進むと
そのままぶつかる寸前に消えてしまったということです。

黒というよりは藍色の澄んだ瞳が、真っ直ぐな心を表わしていたようで、
確かに何かを訴えたかったんだと思うと気丈に、でも震えながら生々しい
体験談を話してくれたのでした。

学校の怪談「D」高原のきもだめし (講談社KK文庫)学校の怪談「D」高原のきもだめし (講談社KK文庫)
常光 徹 楢 喜八

幽 Vol.19 2013年 08月号 [雑誌] 九十九怪談 第六夜 禁忌楼 学校の怪談「C」池の伝説 (講談社KK文庫)

by G-Tools




実話・心霊体験 心霊写真? [オカルト・ミステリー]

フィリピンのカイラブネリゾート、というローカルリゾートに行った時に
同行した友人の写真を撮った時の画像なんですが、もしかしたらそういう
画像は見たくない人もいるかもね?と、思いますので「関連写真を見る」
以降に貼ることにします。

夜にリゾート内のレストランで撮った写真なんですが、向かって左側では
レストランのウェイターが仕事をしていました。

問題の部分は右側の方の上あたりなんですが、顔面に血糊が付いたような
男性の横顔が写っていて、目つきがかなり怖いです。

写真を撮った友人の後ろ側は柵になっていて、その向こう側は海です。
また、ウェイターの位置と比べると身長が低すぎるように感じられます。

私の記憶では友人の後ろを人が通ることはありませんでしたし、海の上を
人が歩いて通ること自体があり得ないことです。

この人物?霊?がこちらを見ていないので、祟りとか呪いとかそういう点
の心配はないという人がいるのと実際に不可解な現象は起きていないので
削除はしていませんが、あえて積極的に見たい写真ではありません。

世界の心霊写真 ~カメラがとらえた幽霊たち、その歴史と真偽世界の心霊写真 ~カメラがとらえた幽霊たち、その歴史と真偽
メルヴィン・ウィリン 木原 浩勝

隣之怪 第五夜 主人の帰り (単行本) 錯乱現代百物語新耳袋殴り込み発狂の島 マンガ・アニメの怖い話 (ミリオンムック 91 別冊怖い噂) 九十九怪談 第六夜 タブーすぎるトンデモ本の世界

by G-Tools

関連写真を見る


実話・心霊体験 輪廻転生 [オカルト・ミステリー]

これは怖い話ではなくて不思議な話です。

皆さんはリーインカーネーションという言葉を知っていますか?
日本語にすると輪廻転生というような意味の言葉で早い話が生まれ変わり
というようなことなのですが、テレビ番組などでよく聞く話では、前世は
武士だったとか、時にはカエルだったなんて宣告?をされていますよね。

uyuni-bolivia02.jpg

私の場合はそういうのではないのですが、実は子どもの頃から電車の音が
すごく嫌いで怖かったんです。

電車にはねられそうになったとか事故を見てしまったとか、特に怖い目に
遭ったということもないのに、どうしてこんなに怖さを感じるのか?自分
でも不思議に思っていたのですね。

そんなある時、小学校の頃なんですが近鉄特急がトンネル内で正面衝突を
して多数の死傷者が出るという事故が起きた時の新聞記事で、過去の事故
も列記されていた事があり、その中で妙に目に付いたのが常磐線で起きた
日本の鉄道史上最大の事故である三河島事故の話でした。

少なくとも私が新聞を読んだり、ニュースを見たりするよりは以前のはず
の事故なのに、なんだかリアルタイムで体験したような不思議な感覚で、
当時の資料を探して一通り読んでみると、この大事故が起きたのは、私が
生まれる前日の事で、電車の多重衝突と事故後の乗客に避難誘導する際の
不手際により、線路上を歩いていた人の中に列車が突っ込み160人の方が
亡くなるという大惨事になったということを知りました。

私が生まれるよりも前の日(新聞報道は生まれた当日以降でしょう)の事
なのに、実際にその場にいて目撃したかのように妙に鮮明に記憶に残って
いるのはなぜなのか…?

もしかしたら、この世に生まれた瞬間の私の中に、事故で亡くなった方の
記憶が入り込んだのではないか?と思ったものです。

母に三河島事故の事を聞きましたが、当時は家にテレビもないし子どもが
生まれたばかりで、新聞も読んでいないから事故のことは何も知らないと
言われて、私の方が詳しかったぐらいです。

世の中には同じような経験をされた方はいないのでしょうか?
追記体験とか白日夢といわれるものも、実はこのような生まれ変わりから
派生するものだという意見もあるようですが、そのように考えると私一人
の中だけでも随分と多くの過去の記憶があるような気がします。

人生を変える過去世セラピー 輪廻転生の仕組みがわかればうまくいく人生を変える過去世セラピー 輪廻転生の仕組みがわかればうまくいく
大野 百合子

スピリチュアルかあさんの今よりもラクに生きる魔法 スピリチュアルかあさん  見えない何かと仲良しな日々♪ 日本の神託カード 霊感体質かなみのけっこう不思議な日常4 (SAN-EI MOOK) 日本の神様 言霊ノート

by G-Tools




実話・心霊体験 霊界の存在 [オカルト・ミステリー]

霊の話ではあるものの怖い話ではなくて不思議な話です。
というか霊界、あの世というのは本当にあるみたい…という話です。

私の祖父が亡くなった時のことです。
前日から意識が朦朧としたり、時々、目を開いたりという感じで生死の境
を彷徨っているという感じだった祖父が突然正気に戻ったように話をして
玄関に今、おばあさんが来ていると言い出しました。

既に20年以上も前に亡くなっているので当然現世には存在しないのですが
迎えに来たと言って玄関まで訪ねてきているから、早く玄関を開けて中に
入れてやってくれと言い続けますので、あまり気は進まないもののこれが
もしかしたら最後のお願いかもしれないということで開けました。

私たちの目には何も見えませんが、祖父には確実に存在がわかるようで、
一人何事かつぶやきながら頷いていました。
その時、誰も気付かなかったのですが、いつの間にか、仏壇の蝋燭に火が
ついていたのに後から気付きました。

翌日、眠るように息を引き取った祖父でしたが現世に思いを残す事もなく
静かに旅立って行った様な感じでした。
死別して20年、それでも最期の時には伴侶が迎えに来てくれたのですから
寂しいこともなかったのかもしれません。
翌日のお葬式はよく晴れた穏やかな一日でした。

uyuni-bolivia01.jpg
 
それに対して高校の時のクラブ活動の顧問だった先生のお葬式の時には、
風が吹き荒れ、蝋燭の火が消えて電気まで停電するという悪天候でした。

葬式の前までは、晴れ時々曇りというような感じだったのに、突然の嵐の
来襲という感じで、読経をしていたお坊さんまでが、一瞬お経を読むのを
中断して狼狽するほどの急変でした。

話によるとこの世に未練を残して急逝した場合には、縁を絶ち切れなくて
この世に残ろうと葬式の際には激しく抵抗するんだそうです。
参列者の生徒の中には、後から突然腕を掴まれたとか肩に手をかけられた
なんて証言がたくさんありましたが、お坊さんの読経後「喝!」の声と共
にまるで心霊映画のように嵐は静まり、なんとか無事に天界へと召されて
いったということなのでしょうね。

この先生は娘を本当に可愛がっていて、娘さんの修学旅行の買い物に行き
その買い物先のデパートで脳溢血で突然倒れて、そのまま意識が戻ること
なく亡くなりましたから、とても大切にしていた娘さんのことが気がかり
だったのかも知れません。

この世に「思い」を残したまま死んでしまうというのは、やはり辛いもの
だと思うので、自分自身の希望というか期待としては、死んだ途端に意識
も心も魂も何もない「無」になれば良いと思うのですが、これらの例から
推察する限りでは、魂なのか霊体なのか、それとも気なのか知りませんが
「あの世」という世界までははせ参じなければならないようです。

なんだか死んでしまうのもストレスが溜まって楽ではないみたいです。

背筋が凍った怖すぎる心霊体験背筋が凍った怖すぎる心霊体験
プロダクションWOOP

心霊都市伝説―最恐DVD完全収録 (Dia collection) 放送禁止VTR全国最恐!心霊スポット―遊び半分で行ってはいけない!!禁断スポット×恐怖の (Dia collection) 怖すぎる実話怪談 逢魔が時物語 (文庫ぎんが堂) 戦慄!! 恐怖の投稿怨霊映像 (Gakken Mook) 霊感添乗員MoMoの幽霊の出る宿 (竹書房文庫)

by G-Tools




nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
- | 次の5件 オカルト・ミステリー ブログトップ




Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved