So-net無料ブログ作成

オカルト・ミステリー ブログトップ
前の5件 | -

昔から日本に伝わる宇宙人飛来の伝説 [オカルト・ミステリー]

割とよく聞く仮説ですが、浦島太郎は太古の昔の宇宙に旅をした話だった
という見方が時々、ネットで紹介されていることがあります。

urashima_taro.jpg

浦島太郎の宇宙旅行説ということで、地球の調査に来ていた調査員がカメ
で、それを苛めていた子供たちからカメを助けた浦島太郎は宇宙人の好意
なのか謝意なのかはよくわかりませんが、宇宙を飛んで竜宮城(地球外の
星)へと行ったという説です。

ただ、浦島太郎伝説は海底人が浦島太郎をもてなしたという説もあるので
厳密には宇宙人伝説とは言い切れない部分もあるのかも知れません。

続きを読む


nice!(37)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

公開された河童の手脚 [オカルト・ミステリー]

梅雨も明けて夏到来と言うことで、妖怪?の話を書きますね。
数年前のことですが、宮崎県にある都城島津伝承館で、都城島津家に秘蔵
とされていた「河童の手足」が初公開されました。

長さ8センチの水かきのある手と16センチの足が河童の絵とともに長く
保管されていたもので、本物かどうかは不明となっています。

kappa_foot.jpg

江戸時代に鹿児島の侍が射殺した河童の一部がミイラ化したもので、都城
の侍が譲り受けた後、島津家に献上したという言い伝えがあるようです。
珍しい生物の死骸だったから献上したのかも知れませんが、河童の死骸を
届けられた方が普通に受け取っているというのも時代の差でしょうね。

続きを読む


nice!(36)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

恥知らずのボクサー・亀田興毅 [オカルト・ミステリー]

亀田興毅が元WBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム
をタイから呼び寄せて行った引退興行が5月5日に行われ、筋書き通りと
いうか大半の人の予測どおりにポンサクレックが2Rでリングに仰向けで
倒れこみ立ち上がったもののレフェリーに止められて亀田興毅がTKOで
勝つという茶番に終わりました。


見ている方が恥ずかしさを感じるボクシングの試合なんて滅多にないよ。

勝った後で「どんなもんじゃい!」と叫んだという記述を読んでこれまた
予想通りの愚行をしていたことを知って、亀田興毅という自称ボクサーは
本当に恥という言葉を知らない人間なんだなと思いました。

続きを読む


nice!(47)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い

人智を超えた見えざる力を信じますか? [オカルト・ミステリー]

エジプトを個人旅行した際、ファラオの彫刻の破片を盗んだという男性が
自国(ドイツ)に帰国した後で、麻痺、吐き気、原因不明の高熱が続いて
癌になっていたことが分かったものの治療が間に合わずに亡くなるという
ことになった後、その関係者を名乗る人から、ファラオの呪いに苦しんで
死んだものと思われる、というメモと共に盗んだ彫刻の破片を小包にして
エジプト大使館に送られた、という話が過去にありました。

pyramid-Egypt.jpg

元々は、王家の谷でツタンカーメン王のピラミッドが発掘された際、黄金
のマスクなどが発見されたという成功した部分と、調査隊員が原因不明の
病気になって死んだり、ピラミッド内の通路が崩落(盗賊よけのトラップ
だとも言われますが。)して死傷した事例、さらに調査隊を経済的に支援
した、支援者も原因不明の病気で死ぬという出来事が続いて、ファラオの
呪いという噂が広がったとされていますが、エジプトのピラミッドなどに
関わった人は呪い殺されるという認識は常識化しているようです。

続きを読む


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ネス湖のネッシーの白骨死体? [オカルト・ミステリー]

英国のネス湖にはプレシオサウルスの生き残りが生存しているという話は
子どもの頃から繰り返し、テレビの特番(最近はUMAとかUFOなどの
胡散臭い情報は扱われなくなって寂しいものです。)で扱われてきたので
それなりに興味はありましたが、現実的に考えたら約6600万年も前に
絶滅した生き物が生き残れるわけもありませんので、ファンタジーの世界
の話題だというようには認識しています。



私が小学生の頃には広島のヒバゴンとか屈斜路のクッシーとか鹿児島県の
池田湖のイッシーなんてのも、その存在の可能性が議論されましたが結局
ヒバゴンは曖昧なまま消えていき、クッシーも目撃情報が途絶えてしまい
イッシーはほぼオオウナギで間違いないと結論付けられて、夢もロマンも
あったもんじゃないという感じになりました。

続きを読む


前の5件 | - オカルト・ミステリー ブログトップ




Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved