So-net無料ブログ作成

夢にも出てきた特撮怪奇・妖怪ドラマ [特撮ドラマ]

1960年から70年代の特撮怪奇・妖怪ドラマと言えば私的には「悪魔くん」
と「河童の三平」が代表作だと思っています。
両作品とも「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんの作品です。

kappanosanpei16.jpg

エロイムエッサイムの呪文?を覚えている「悪魔くん」
悪魔のメフィストがチョコレートが大好きとか、オカリナの音色で壊れる
とか、怖い番組ではありながらも、あまり本格的な怖さを感じなかったと
いうことで、こちらはエロイムエッサイムだけが印象に残っている感じの
番組だったので内容についての話は特にすることがありません。

続きを読む


nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ブームを作った特撮忍者ドラマ [特撮ドラマ]

忍者ドラマの王道と言えば「仮面の忍者赤影」だと私は思います。
ちなみにアニメーションなら少年忍者の「サスケ」ですね。

akakage.jpg

赤影さんも白影さんも、演じていた役者さんは亡くなってしまいましたが
青影さんはどうなったんでしょうね?と、今の時代はネットで検索すれば
大体のことは分かりますから、「青影さん」から「河童の三平」に出演し
その後は「どっこい大作」の主役を務めるようになった青影さんのことを
調べてみたら現在は空調関係の仕事&役者もしているのでした。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

1960-70年代の特撮ドラマ 日本沈没 [特撮ドラマ]

小松左京氏の日本沈没というSF小説が大ヒットして映画化され、さらに
テレビドラマ化されて、地震のメカニズムにまで興味を持っていなかった
人たちがマントル対流とかフィリピン海プレートなんて単語を交えながら
会話をするようになったのですから半端ではないブームだったということ
だったと考えて間違いないと思います。

nippon_chinbotsu.jpg

なんでもかんでも昔は良かったと言うのも爺臭いので好きではありません
が、2006年にリメイクされた草なぎ剛と柴崎コウ主演の作品の酷さと比較
すると20億円の製作費をかけたと豪語する映画よりも、30年以上前に制作
されたドラマの方が遥かにしっかりと作られているのが不思議です。

続きを読む


nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ダイレンジャーの変身アイテムを再発売 [特撮ドラマ]

家の子供が小学生だった1993年から1994年にかけてテレビ朝日系
で放映されていた戦隊モノの「五星戦隊ダイレンジャー」の変身アイテム
である「オーラチェンジャー」が当時のように再現されて、バンダイから
発売されることがわかりました。

dairenger.jpg

子供と一緒に熱心に見ていた番組だったので、思い入れもあるわけですが
ストーリーの筋もモチーフになっていた中国の拳法も戦隊モノの中で最も
印象に残っているというか、大人が見ても面白い番組でした。

続きを読む


nice!(34)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

1960-70年代の特撮ドラマ バンパイヤ [特撮ドラマ]

若くして亡くなった手塚治虫氏は、非常に多くの作品を遺していますが、
モノクロ時代の初期の頃の作品として残っているバンパイヤが、私的には
懐かしい作品の一つとして記憶に残っています。



今の時代では、実写フィルムにアニメーションを融合させるという技術は
コンピューターグラフィックスとして進化して、人間を飛ばすことも架空
のキャラクターと等身大で共演させることでも可能としていますが、私が
子どもの頃には、アニメーション自体がまだまだカラーにもなっていない
という時代であり、マグマ大使の光線などがアニメで描きこまれるぐらい
がアニメと実写の合成の普通の形でした。

続きを読む


nice!(42)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ




Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved