So-net無料ブログ作成

香港映画の父・レイモンド・チョウ氏が死去 [訃報・追悼]

ブルース・リー、ジャッキー・チェンを世界的スターに育て上げ、香港の
カンフー映画を一つのジャンルにまで盛り上げた、映画プロデューサーの
レイモンド・チョウ氏が91歳で亡くなりました。

元々は新聞記者だったレイモンド・チョウは香港で最大かつ唯一と言える
大手映画会社のショウ・ブラザーズに入社しましたが、自分の感覚で映画
を作るのは大きな組織の中では難しいということで、会社を退社して独立
ゴールデン・ハーベストを立ち上げました。

その頃、アメリカに渡っていた子役出身の俳優のブルース・リーが香港に
帰国したため、ゴールデン・ハーベストが専属契約を結びブルース・リー
の香港帰国後最初の作品になる「ドラゴン危機一髪」と「ドラゴン怒りの
鉄拳」の二作が公開され大ヒット、ゴールデン・ハーベストが香港最大の
映画会社に発展する基礎を築きました。

続きを読む


nice!(61)  コメント(0) 
共通テーマ:映画




Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved