So-net無料ブログ作成

ホンダを出入り禁止のアロンソ [モータースポーツ]

ピエール・ガスリーに対する期待がかなり高かったのか、レッドブル・ホンダ
のモータースポーツアドバイザー、ヘルムート・マルコは夏休みまでに期待に
応える結果を出さなければレッドブル・ホンダのシートを喪失することになる
と事実上の最後通告とも受け取れる発言を公式の場でするようになったことで
ピエール・ガスリーが抜けた後のレッドブルのシートに誰が座るのか?が現在
のレッドブルチームに関する話題になっています。



チーム代表のクリスチャン・ホーナーは今年一年は様子を見ると発言している
ので、ピエール・ガスリーは前半戦で契約解除と確定したわけでもありません
が、オーストリアGPではマックス・フェルスタッペンが優勝したのに対して
ピエール・ガスリーは一周遅れの7位ということで、同じマシンに乗っていて
パフォーマンスの差が明らかなのは辛いところでしょうね。


フロントウィングはマックス・フェルスタッペンのみ新開発のタイプだったと
されていますが、フロントウィングの違いだけで一周の差がつくものだろうか
ということもあるので、期待に応えられていないのは確かでしょうね。

昨年のトロロッソで出走していた頃なら、連続でポイントを稼いでいる現在の
状況なら称賛されていたのに対して、トップ3のチームに加入したということ
で、表彰台に上ることが基本ミッションになってしまっているので、レース毎
のプレッシャーも相当あると思われますが、なんとか前半戦の残り3戦で結果
を出せるようになると良いなと思います。

それはともかくとしてヘルムート・マルコの元にはフェルナンド・アロンソが
レッドブル・ホンダにフリーなシートがあれば、自分が行っても良いと伝えて
きているということで、F1を引退した割には勝てそうなチームなら戻りたい
という我がままと言うか自意識過剰なアロンソらしい態度だなと感じます。



フェラーリのセバスチャン・ベッテルが今年で引退という噂(本人は否定)が
出た時にも、フェラーリなら戻っても良いなんて調子のいいことを言っていた
アロンソなので、トップ3のチームから声がかかれば復帰する気満々なんだと
思いますが、フェラーリはキミ・ライコネンを切ってシャルル・ルクレールを
獲得したチームですから、過去に総合優勝経験があろうがベテランドライバー
のアロンソを戻すつもりはないでしょう。

レッドブルもマックス・フェルスタッペンがメルセデスに移るのでは?という
不安を抱えてはいるもののオーストリアGPでマックス・フェルスタッペンが
優勝したことで、ホンダPUの戦闘力向上が証明されたこともあり、わざわざ
サーキットを去ったベテランを呼び戻す必要はないと言うか、アロンソは現在
ホンダから出入り禁止になっているということをヘルムート・マルコの口から
発せられたことで、上から目線で自分を獲得可能だ、なんて売り込んだ割には
出入り禁止だからありえないなんて拒否されたわけで、やっぱり人格面で少々
なのか大層なのかはわかりませんが難ありなんでしょうね。

トヨタのWECチームからも自ら身を退いたわけですが、実際にはあのチーム
の中でも浮いていたんじゃないのかな?とか思って見ています。

マクラーレン・ホンダ時代にはホンダのエンジンの開発には全く協力する姿勢
を見せることなく、ザク・ブラウンの提灯持ちのように酷評を続け、鈴鹿での
レースでホンダの幹部が見ている前で、ホンダのエンジンをGP2レベルだと
批判しているわけですからね、悪い表現をすれば「どの面下げて」レッドブル
で走るつもりなんでしょう?普通に考えたら拒否されるに決まってますよ。

最近になって調子を上げてきているマクラーレンに復帰したそうな発言も出た
わけですが、現在のマクラーレンの代表であるアンドレアス・ザイドルからは
カルロス・サインツとランド・ノリスの二人の若いドライバーで、今後も戦い
を続けていくと事実上の拒絶をされて、フェルナンド・アロンソが復帰する道
はないということになりました。

勝てるチームなら入ってもいい、なんて上から目線で言いますが、逆に言えば
中段以降のチームのマシンでも自分の実力なら上位に出来るという自信もない
ということですからね、そりゃどこのチームも必要とはしないでしょう。


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved