So-net無料ブログ作成

フェルナンド・アロンソの笑えないジョーク [モータースポーツ]

昨シーズンの終了をもってF1からの引退を表明したフェルナンド・アロンソ
今年はWECシリーズに出走すると共に、デイトナ24時間で優勝しました。

昨年はF1は不調でしたが、ルマン24時間レースで優勝して、アロンソ本人
の目標であるモナコGP、ルマン24時間レース、インディ500の制覇の内
モナコGPとルマン24時間レースの二つを達成していることから今年も昨年
に続いてインディ500に出走することが決まっています。



F1を引退した割にはバーレーンGPの後から実施されたインシーズンテスト
で2019年型のマクラーレンMCL34でテストに参加するなど、実際には
F1に未練たらたらのように見えますが、本人はそういう見方を否定している
ので、そういう気がないのでしょう。




マクラーレンとの関係が続いているフェルナンド・アロンソですが、速い車に
乗れるチームで出走できるなら引退を撤回するというような意味合いの発言を
していましたが、今度は今シーズン中にカルロス・サインツがマクラーレンで
2-3回レースに勝てるようになったらF1復帰について考えるだろうと冗談
交じりに語ったということです。

マクラーレンが積んでいるエンジンがルノーである限りは余程のアクシデント
がなければカルロス・サインツが優勝することはないとは思いますが、自分が
現在も関係しているチームが優勝するようなら復帰するというのはあまりにも
失礼な発言なのではないかと思います。

逆の見方をすればマクラーレンが、カルロス・サインツが優勝するような車を
出来た場合、優勝ドライバーとの契約を打ち切ってフェルナンド・アロンソを
ドライバーとして迎え入れるようなことをするでしょうか?しないでしょう。
優勝できないけど高給取りの昔のワールドチャンピオンよりも、将来性のある
若手ドライバーとの契約継続を優先するでしょうし、それをしないようならば
株主とファンはマクラーレンを見捨てると思います。

自己評価は相変わらずワールド・チャンピオンのフェルナンド・アロンソでも
各チームが見る実際の評価はそうではないということに、いい加減気付いたら
どうなんでしょうね、と個人的には見ていますが、メルセデス、フェラーリと
レッドブルがフェルナンド・アロンソを必要としていないのは明らかです。

フェルナンド・アロンソがF1に復帰することはないと私は思います。


nice!(58)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 58

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved