So-net無料ブログ作成

荻野目洋子・デビュー35周年 [芸能]

私が20代前半の頃にデビューして、荻野目ちゃんと呼ばれていた荻野目洋子
がデビュー35周年の記念ライブを開催したようです。

yoko_oginome1904.jpg

現在50歳ということはデビュー当時は15歳ということで私とは7歳違いと
いうことになりますが、女性の50歳と言えば更年期の真っ最中かも知れない
という時期になるわけですが、ミニスカート姿で登場して「六本木純情派」等
当時の人気番組の「ザ・ベストテン」で、ランキング入りしていたヒット曲を
歌って観客は盛り上がったみたいです。



本人歌唱ではありません。

60代、70代の昭和の歌手や役者が時代の終わりを告げるように亡くなって
芸能界でも超ベテランの領域に入りつつありますが、荻野目洋子と言えば私の
地元である愛知県一宮市では特別な存在でありまして、昨年の一宮七夕まつり
にはゲストとして来訪いただいています。



なぜ特別な存在かと言いますと荻野目洋子のヒット曲「ダンシングヒーロー」
は地元一宮市内の盆踊りでは、ほぼ間違いなくかかる曲で盆踊りの参加者たち
のノリもラストでかかることが多い「ダンシングヒーロー」は全く違います。
※ 一宮市に限らず愛知県西部では人気なのかな。

市の予算から出演料を捻出していると思いますので、そんなに高額な出演料を
支払っているとは思えませんが、地元の踊りの会の方々や踊り好きの婆さんが
大喜びしますので、可能な限りで構わないので一宮七夕まつりのゲストとして
参加いただけたら祭りは盛り上がるので、また来て欲しいものです。

個人的にはお姉さんの荻野目慶子が好きでしたが、魔性の女とか言われて関係
のあった映画監督が自殺するスキャンダルもあったりして、あまり良い印象が
なくなってしまったので、その後のことはよくわかりません。
ファンの気持ちは移ろいやすいものなのですよ。


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved