So-net無料ブログ作成

バーレーンGP・フリー走行と予選結果 [モータースポーツ]

ホンダが久し振りに表彰台(3位)を獲得したオーストラリアGPから舞台は
中東のバーレーンに移って、F1の2019年シーズン第二戦のフリー走行が
終わり、後は予選での本格的なタイムアタックということになっています。



予選・本番がナイトレースということで、路面温度などいろいろな環境が全く
異なるフリー走行では目一杯走るチームはなく、タイム順位も参考程度という
感じではあるものの、初戦のオーストラリアGPでは評判倒れの結果に終わり
車体・エンジンに問題があるのではないか?と、指摘されているフェラーリが
FP1からFP3まで1-2位を独占しています。


3位と4位に並んだのはオーストラリアで1-2を決めたメルセデスで予選に
向けて、まだ本気出してないだけという感じがします。



ホンダのエンジンを搭載した車の中ではマックス・フェルスタッペンが8位に
入り、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが10位とサーキットに復帰
させたトロロッソ・ホンダの判断は間違っていなかったことを証明するような
フリー走行を続けています。(一年間の精神修養は無駄じゃなかったかな)

期待されてレッドブル・ホンダに昇格したピエール・ガスリーは今一つの感触
の12位、ブレンドン・ハートレーとの契約を打ち切って採用されたルーキー
アレクサンダー・アルボンは17位と地味な順位でFP3を終えています。

路面温度が下がって、予選用のセッティングで挑む本番でどれだけ上位進出が
出来るのかが最重要課題であることは理解しますが、マクラーレンよりも下位
というのは心情的には納得できないものがあるのは事実です。

という話はともかく、マクラーレンというよりはチームにエンジンを供給して
いるルノーの信頼性に難がある感じですが、開幕して、まだ二戦目であるにも
関わらず二基目のMGU-Kが故障したために交換ということになり、年間で
二基までという規定により、次のMGU-Kを交換した場合は、ペナルティに
よってグリッド降格ということになります。

ホンダエンジンを搭載していた時に、さんざんホンダを批判して悪態をついて
いたマクラーレンですが、同じエンジンを搭載していてもMGU-Kの問題が
発生していないルノーと比べて見ると、今年もシャシー側に排熱に問題がある
ということなのかも知れませんね、シーズン後半にはマクラーレンとルノーで
批判合戦が勃発でしょうか?注視していきたいです。

予選の結果が楽しみです。蚊帳の外のウィリアムズはお気の毒すぎますが。

<追記>予選結果
1.シャルル・ルクレール(フェラーリ)        - 1分27秒866
2.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)       - 1分28秒160
3.ルイス・ハミルトン(メルセデス)         - 1分28秒190
4.バルテリ・ボッタス(メルセデス)         - 1分28秒256
5.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)     - 1分28秒752
6.ケビン・マグヌッセン(ハース)          - 1分28秒757
7.カルロス・サインツ(マクラーレン)        - 1分28秒813
8.ロマン・グロージャン(ハース)          - 1分29秒015
9.キミ・ライコネン(アルファロメオ)        - 1分29秒022
10.ランド・ノリス(マクラーレン)         - 1分29秒043



トップ10の中にホンダはマックス・フェルスタッペンのみでした。
ピエール・ガスリーはトロロッソ・ホンダの時の方が良かったのかな。
意外にプレッシャーに弱かったりするのかも知れませんね。


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved