So-net無料ブログ作成

F1・2019年シーズン新車の発表予定 [モータースポーツ]

2月に入ってバルセロナのカタロニアサーキットで行われるF1の合同テスト
まで約三週間になってきたということで、参戦する各チームから2019年の
新車の発表スケジュールが発表され始めました。


マクラーレンが2019年仕様のエンジンを始動

一番早いのはトロロッソ・ホンダで2月11日にSTR14が発表されます。
昨年、レッドブルが使用していたRB14のパーツを大幅に流用してベースと
したシャシーにレギュレーションの変更によって大幅に向上したとされている
空力パーツ(シンプル化されたフロントウィング、ブレーキダクト、ワイドに
なったなったリアウィングなど)を設定した新車になっていると思われますが
発表はオンラインということになっているので、どこかのサーキットで走ると
いうわけではありません。


2月12日にはホンダをライバル視しているルノーが英国・エンストンにある
ファクトリーで新設計のシャシーに新設計のパワーユニットを搭載したRS19
の発表を予定しています。

2月13日に昨年の優勝チームのメルセデスが英国・シルバーストーンでW10
の発表を予定していますが、同じ日程で(旧フォースインディア)今年からは
レーシングポイントもチームの新体制の発表があります。
新車の発表は行われず昨年の車のカラーリングと車名が変更になるようです。



2月14日にはマクラーレンのMCL34が発表され、フェルナンド・アロンソ
がテストを実施するという話もありますが、ホンダのエンジンばかりを責めて
マクラーレンのシャシーの悪さを全く指摘できなかったアロンソに正確な評価
が出来るんですか?という疑問があります。
アロンソ大好きなザク・ブラウンが心中すれば、マクラーレンの復活も多少は
早くなるんじゃないの?という目線で見ています。

2月15日にフェラーリが地元イタリアのマラネロで新車を発表する計画には
なっていますが、フェラーリは当日まで車名を発表しないのが伝統なので今年
も当日の発表になりますが、創立90周年のスクーデリア・フェラーリという
ことで、SF-90になると予想されています。

そして2月18日にザウバー改めアルファロメオ・レーシングとしてC38を
発表するというところまでは各チームが公表していますが、レッドブルホンダ
ハース、ウィリアムズは発表スケジュールを非公表にしているため、いつ頃に
発表されるかはわかりませんが、2月18日から合同テストの一回目が4日間
に渡って行われ、次のテストは2月26日から再度バルセロナになっています
から、いくら遅くても2月18日までにはオンライン発表も含めて、何らかの
形で新車は発表されるはずです。

二回目の合同テストの後には、3月7日にオーストラリアGPが開幕します。
昨年よりもパワーアップしたホンダエンジンの戦いを楽しみにしています。

追記)記事をまとめた後で知りましたが、レッドブル・ホンダは2月13日に
2019年の新型車「RB15」を公開することを発表しました。


nice!(58)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 58

コメント 2

ピストン

いよいよレッドブル・ホンダ始動ですね!楽しみです!
by ピストン (2019-02-05 08:08) 

suzuran

ピストンさん:
コメントありがとうございます。

2月13日、レッドブル・ホンダは新車発表と同時にフィルミングディに
して実車走行も予定しているような話がありますね。
去年はトロ・ロッソが発表日にシェイクダウンを実施し、ホンダエンジン
の進化を見せましたが、今年はレッドブルが予選モードを搭載した新型
エンジンの実車走行を見せてくれるのかな?

by suzuran (2019-02-06 00:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved