So-net無料ブログ作成

2019年のアメリカ映画俳優組合賞(SAG賞) [シネマクラブ]

アカデミー賞の前哨戦と言われる映画賞は、ゴールデングローブ賞とSAG賞の
二つがあるわけですが、今年のSAG賞は先日、いろいろな意味でアカデミー賞
の有力候補になっていると紹介した「ブラックパンサー」が最高賞に相当する
キャスト賞を受賞しました。



白人のための祭典と揶揄されたアカデミー賞でアフリカ系俳優が主役の映画が
初めての作品賞を受賞か?と話題になっている映画が、SAG賞でキャスト賞を
受賞したことで、もしかしたら今年は本当に「ブラックパンサー」が作品賞に
選ばれるかもしれませんね。


「アリー/スター誕生」で主演した演技が高評価を受け、アカデミー賞の主演
女優賞の戴冠は確実だと言われているレディー・ガガですが、今回も表彰式で
名前を呼ばれることはなく、アカデミー賞の前哨戦では二連敗になりました。



受賞は確実だと周囲からの後押しはあったもののの、ゴールデングローブ賞も
SAG賞も逃してしまいましたから、アカデミー賞も難しいかも知れませんね。

それに対して「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリーを演じた
ラミ・マレックは決して有力候補ではありませんでしたが、両方とも受賞して
本当にアカデミー賞の最有力候補になりました。


「ボヘミアン・ラプソディ」で歌声が採用されたマーク・マーテル

去年もあまり注目されていなかった「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞
を受賞していますから、「ボヘミアン・ラプソディ」や「ブラックパンサー」
など、あまりアカデミー賞向きではない作品が評論家の想像以上の得票を得て
作品賞を受賞するかもしれませんね。

なんて思いましたが「ボヘミアン・ラプソディ」の監督が複数の少年に対する
性的暴行を指摘されているので、「ボヘミアン・ラプソディ」は脱落すること
になりそうな感じになつてきましたね。


nice!(62)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 62

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved