So-net無料ブログ作成

マライア・キャリーの訴訟騒ぎ [スキャンダル]

今年2019年の1月16日に、マライア・キャリーの元個人アシスタントの
女性が、2017年に解雇されるまでにマライア・キャリーの元マネージャー
から受けた性的暴行、セクシャル・ハラスメントについて、元マネージャーの
雇用主であるマライア・キャリーは事実を認識し、現場に同席していたことも
あったにも関わらず暴力行為を黙認したのが元マネージャーではなく雇用主の
マライア・キャリーを訴えた理由のようです。

Mariah Carey_scandal.jpg

その訴訟に対抗する形でマライア・キャリーは、この元アシスタントについて
密かにマライアの動画(公開されるとマライア個人が辱めを受け、職業上でも
痛手になるような私生活のビデオ)を撮影し、もしも自分が解雇されるような
ことになったら動画を売って家を買うと言っていたということで、守秘義務に
違反したとして提訴しました。


実際に元アシスタントに対して悪事を働いていたのは、元マネージャーですが
もう既にマライアとは契約上の揉め事で退職しているために、その雇用主の上
乳房の下にリモコンなどの小物を挟んで笑い者にされたり、売春婦やビッチと
罵倒されたことも知っていたのでマライアを訴えたという話なんですが、その
元マネージャーも契約違反やセクハラ(マライアは裸になるのが好きで頻繁に
裸体を見せていたらしいです)でマライアを訴えて結果としては、和解をして
和解金を手にしているので、元アシスタントもそれが目的ではないかと多くの
メディアは見ているような感じです。

実際の動画を見た話としてマライアのプライベートな性的なビデオ(裸になる
のが好きなので裸体も映っている)で、実在はしているらしいですが、実際の
ところ盗撮したことがわかっている動画を買い取る会社があるとは思えないと
いう見方が出来ますし、現在のマライア・キャリーの恥ずかしい動画に日本円
に換算して8-11億円の価値があるんだろうか?とも思います。

ともかくマライア・キャリー本人は訴訟に参加するようなことはなく、代理人
によって訴訟手続きは進んでいるようです。

アメリカではよく元マネージャーとかプライベートアシスタントによる盗撮や
内緒話の拡散などが発生して、その都度訴訟騒ぎになっていますが最終的には
和解が成立して双方合意の下で和解金が支払われて、なかったことになる場合
がほとんどのように思いますので、この訴訟そのものについても事を荒立てる
ことなく沈静化に向かうような気がします。

sexcial_harassment_matsumoto.jpg

日本の芸能人はマネージャーに金を持ち逃げされたり、いろいろあっても結局
うやむやのままで終わっていますが、セクハラやモラハラが当たり前のように
なっている特にお笑い芸人と呼ばれる連中については調子に乗り過ぎな一面が
あるように見えますからね。日本でも問題が矮小化されることなく、芸能界の
浄化が進むことを期待しています。


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 34

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved