So-net無料ブログ作成

人工甘味料はダイエットに向かない [病気・怪我]

海外発のニュースサイトで報じられた話ですが、人間の脳は味覚とは違う領域
で人工甘味料を感知するという実験データが、英国の大学教授の研究によって
で裏付けられたという研究成果が発表されたことがあります。

砂糖飲料を飲んだ時と人工甘味料の飲料を飲んだ時を比較すると明らかに脳は
味覚以外の何かでカロリーの違いを認識しているということなので人間の能力
は相当の鋭敏さを持っているということが証明されたわけです。

ほとんど味の違いがなく飲んだ本人さえも砂糖なのか人工甘味料なのかの区別
が出来ない飲み物を飲み比べた場合であっても、脳は微妙な違いを感じ取って
人工甘味料では無反応なのに、砂糖が入った飲み物だとブドウ糖に変わること
を判断して、体力を取り戻すように脳から指示が出るようです。


また、それと同じような事例で人工甘味料の飲み物を飲むと、食欲が増進され
ダイエットをするつもりが余計にカロリーの高いものを食べるように促される
という研究結果もあるので、低カロリー飲料とかは意味がないみたいです。

cola.jpg

甘みは味覚として感じるものの体力の維持・増進には繋がらない甘みだと脳が
判断すると、満腹感を得られないように脳が指示をするために、折角飲み物で
カロリーオフにしようが、結局は食べ物でカロリーを摂るように脳が命令して
しまうために、余程の強い意志がない限りはダイエットで不足したカロリーは
脳の指令によって食事で補ってしまうことになるようです。

要するに、カロリーゼロを標榜する飲み物を摂ると逆に食事で余分にカロリー
を補給してしまうのでダイエットには向かないというか、全く意味がないこと
をコツコツとしていることになるのかも知れません。

ではどうすれば良いのでしょうか…それはゼロカロリーではなく、脳が適度に
満足する低カロリータイプ(砂糖+人工甘味料)の飲み物を飲むようにすると
事前に計算したカロリー値に近いカロリー摂取量にコントロールが出来るかも
知れないということです。

green_tea.jpg

但し、これはあくまでもコーラなどの甘い飲料をお茶系の飲料に置き換えたら
どうですか?という話であって、元からお茶や水などを飲んでいる人には殆ど
関係のない話であることは言うまでもありません。


nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved