So-net無料ブログ作成

消えたわけではない碧志摩メグ [キャラクター]

何年か前にローカルニュースの話題になったので愛知、岐阜、三重在住の
人ならご存知の方もいるかと思いますが、三重県志摩地方の海女をモデル
にした萌えキャラとして発表された碧志摩メグというキャラクターが地元
志摩市の公認キャラクターとして発表されたものの一部の人から批判的な
意見が出たために公認を外されるという出来事がありました。



元々、志摩市の観光集客のキャラクターとして、志摩の伝統産業の一つで
ある海女をモチーフにして「日本一の海女を夢に見る17歳の女の子」と
いう設定で発表されたわけですが、胸が大き過ぎるとか太股の露出が過剰
などといった(私から見れば言いがかりにしか感じられないけど)論点で
海女を性的で女性蔑視の視点で見たキャラクターだとして、志摩市に対し
公認の撤回や観光用キャラクターとしての使用を停止することを要求する
市民活動の標的になったことで版権を持つ会社の意向もあり、公認が撤回
になり、封印されたものとされていました。


が、版権を持つ会社は地元の海女との話し合いなどの結果として約70%
の人の賛同を得たことからキャラクター自体をお蔵入りさせることはなく
非公認キャラ(船橋市のふなっしーと同じ立場ですね)として、志摩市の
宣伝などにも登場しているのが現状になっています。

いくら地方都市とはいえ309人の署名で地元住民の過半数の支持を得た
とは言えないわけですし、匿名で署名サイトを利用して公認撤回を求める
署名を集める活動というのも見方を変えれば随分と胡散臭いわけですから
7814人の署名を集めたとは言っても、キャラクター自体に対する好き
嫌いという偏向性もあるわけで、騒ぎすぎの感は否めません。

海女に対する信仰心を踏みにじっているとか、理解不能な理由(ごく単純
に表現すれば海女は神の使いでもなければ、神聖な仕事でもなく、漁師の
漁法の一つであるはずです。)で、海女を特別視するのは個人の考え方で
あって、それを押し付けるのは余計なお世話だと個人的に思います。

フェミニストとかフェミニズムとか主張するのは自由ですが、イラストの
少女の胸が大きいからとか、太股が見えているからと、その都度欲情する
人がそんなにいるとは思えないですし、それを言い出したらテレビで放映
されているアニメも半分以上が署名の対象になるはずですが、そのような
メジャーな相手には黙っているというのはどうなんでしょうね。

もっと言うなら女性に酒を飲ませて強制性交した山口敬之のような奴こそ
引っ張り出して戦うべき相手なんじゃないかと思いますが、この性犯罪者
に対して戦いを挑んだという話は聞かないので、地方の中小企業なら署名
で圧力をかければ言うことをきくはずだ、という地方軽視の地域差別的な
胡散臭さを感じるのは私だけではないと思います。

それはともかくとして、封印されたはずの碧志摩メグは志摩の観光土産の
キャラクターとして生き残っているのでありました。

aoshima_megu.jpg

別に公認でなくても地元の企業が採用して、そのお土産が売れているなら
それはそれで地域貢献なわけですから、きれいごと並べてもっともらしい
ことを言って自己満足で終わっているような署名活動よりも余程、地域の
ためになっていると私は思うのであります。


nice!(33)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 33

コメント 2

cheese999

なんだか。。。大目に見る、ってことができないんですかね(^_0)ノ
by cheese999 (2018-12-21 07:22) 

suzuran

cheese999さん:
コメントありがとうございます。

実際に存在する海女さんに、おっぱいが大きいとか太股がセクシー
と言ったとしたら、そりゃアホなんじゃないのと思いますが、
萌え系のイラストに対して執拗に抗議をして、署名を集めるとか
それは表現の自由を根底から否定する行為であると思います。

反対するのはそれもまた自由だと思いますが、数の力に頼って
自分たちの主張に反するものは悪と決めつけるのはネトウヨと
同レベルの質の悪さを感じます。

少なくとも匿名で活動する人の署名に有効性は感じません。

by suzuran (2018-12-31 01:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved