So-net無料ブログ作成

2019年のF1スケジュールが確定 [モータースポーツ]

10月に暫定スケジュールは発表されていた2019年シーズンのF1世界選手権
の正式日程と開催場所が、FIA(国際自動車連盟)の評議会で承認され、
今年と同じ年間21戦が開催されることが公式発表されました。

F1_start.jpg

2020年から複数年契約でベトナムのハノイで市街地コースを使ったレース
が開催されることが確定しましたが、2019年については今年との変更点は
なく、日本GPは鈴鹿サーキットで10月13日に開催されます。


例年通りに2月に合同テストが開催され、その後オーストラリアで第一戦
ということになりますが、ホンダにとってはトロロッソ1チームに対する
エンジン供給がレッドブルへも拡大し、優勝のチャンスが著しく増大した
のと同時にF1に関わるスタッフが約二倍に増えるということで、今年以上
にF1のレース結果が日本国内でも大きく扱われるようになると思います。

Max_Pierre.jpg

トロロッソからステップアップしたピエール・ガスリーのレッドブルでの
戦いにも興味はありますが、エンジンがルノーからホンダに代わることで
マックス・フェルスタッペンの順位がどう変わるのかが、2019年のホンダ
の最大の関心事になるわけで、2018年以上のポイントを稼げるようならば
ホンダの評価はセナ/プロスト時代に近付くことになるのかな。

第1戦 3月17日 オーストラリア (メルボルン)
第2戦 3月31日 バーレーン (サヒール)
第3戦 4月14日 中国 (上海)
第4戦 4月28日 アゼルバイジャン (バクー)
第5戦 5月12日 スペイン (バルセロナ)
第6戦 5月26日 モナコ (モンテカルロ)
第7戦 6月9日 カナダ (モントリオール)
第8戦 6月23日 フランス (ルキャステレ)
第9戦 6月30日 オーストリア (シュピールベルク)
第10戦 7月14日 イギリス (シルバーストーン)
第11戦 7月28日 ドイツ (ホッケンハイム)
第12戦 8月4日 ハンガリー (ブダペスト)
第13戦 9月1日 ベルギー (スパ ・フランコルシャン)
第14戦 9月8日 イタリア (モンツァ)
第15戦 9月22日 シンガポール (マリーナ・ベイ)
第16戦 9月29日 ロシア (ソチ)
第17戦 10月13日 日本 (鈴鹿)
第18戦 10月27日 メキシコ (メキシコシティ)
第19戦 11月3日 アメリカ (オースティン)
第20戦 11月17日 ブラジル (サンパウロ)
第21戦 12月1日 アラブ首長国連邦 (アブダビ)

ドライバーのエントリーリスト
・メルセデスAMG
44 ルイス・ハミルトン
77 バルテリ・ボッタス

・スクーデリア・フェラーリ
5  セバスチャン・ベッテル
16 シャルル・ルクレール

・アストンマーティン レッドブルレーシング
33 マックス・フェルスタッペン
10 ピエール・ガスリー

・ルノーF1チーム
3  ダニエル・リカルド
27 ニコ・ヒュルケンブルグ

・リッチエナジー ハースF1チーム
8  ロマン・グロージャン
20 ケヴィン・マグヌッセン

・マクラーレンF1チーム
55 カルロス・サインツ
4  ランド・ノリス

・レーシングポイントF1チーム(旧フォース・インディア)
11 セルジオ・ペレス・メンドーサ
18 ランス・ストロール

・アルファロメオ ザウバーF1チーム
7  キミ・ライコネン
99 アントニオ・ジョビナッツィ

・レッドブル トロロッソホンダ
26 ダニール・クビアト
未定 アレクサンダー・アルボン

・ウィリアムズレーシング
63 ジョージ・ラッセル
88 ロバート・クビサ

詳しい内容まではわかりませんが、メルセデスの2019年型エンジンの開発
で小さなトラブルが発生しているという話があります。
まだ、開幕までは三か月ほどありますからね、不具合があるままで終わる
はずはありませんが、今年よりもエンジンメーカーの差が縮まるとレース
の内容も今年以上に面白くなるのになぁと思っております。


nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved