So-net無料ブログ作成

中国・内モンゴル自治区の忠犬ハチ公 [海外の話題]

東京の渋谷駅前にある忠犬ハチ公の銅像は待ち合わせ場所として利用され
東京都在住ではない人でも知っている人は多いと思います。

hachi_zou.jpg

飼い主であった上野栄三郎氏が急死した後も、上野氏を送り迎えしていた
渋谷駅で飼い主の上野氏を迎えに行き、駅前で待ち続ける姿が多くの人々
の知るところとなって、ハチ公と呼ばれるようになって銅像が立ち、後に
「ハチ公物語」という映画になり、さらにハリウッドでリチャード・ギア
主演の「HACHI 約束の犬」が製作されたことで、海外でも多くの人
がハチ公を知っているため、ハチ公の銅像を見るために渋谷駅まで訪れる
外国の人は今でもいるようですね。




上野の国立科学博物館にはハチ公の剥製が展示されていますので、もしも
興味があれば見に行ってみて下さい、多分、想像よりも小さなハチ公の姿
を見ることが出来ます。

tokyo-hachi.jpg

そんな有名なハチ公と同じように、もう既に80日以上雨の日も風の日も
ずっと同じ場所で亡くなった飼い主の女性を待ち続けている犬が、中国・
内モンゴル自治区のフフホト市にいます。

china_hachi-1.jpg

china_hachi-2.jpg

8月21日の早朝に交通事故が起き、女性が即死した場所に飼い主だった
女性の帰りを待つように犬が現れるようになったようで、その事実が画像
と共にインターネットで流れて広く知られるようになったため、犬の境遇
を案ずる人の書き込みが増えたことから、ボランティア団体が亡くなった
女性の家族に連絡を取ろうとしているようですが、現時点で引き取られて
いるのかどうかはわかりません。

ボランティア団体では家族と連絡が取れない場合は、犬が安心して暮らす
ことが出来るようにするつもりだということで、里親を探すとか何らかの
方法で交通量の多い道路端で待ち続けることがなくなれば良いですね。

忠義を尽くすとか何とかして人に位を付けたがるような人間界の権威主義
なんてことは当然、犬の頭の中にはないですし、そんな上下関係ではなく
ただ一緒にいることで嬉しかったので、飼い主の女性を待っているのだと
思いますし、忠犬ハチ公もまた可愛がってくれた上野氏にもう一度鼻先を
撫でて欲しくて待っていたと思います。

ハチ公のように道端で遺骸が見つかるようなことのないように早く誰かの
元で暮らせるようになることを願っています。


nice!(73)  コメント(6) 
共通テーマ:ニュース

nice! 73

コメント 6

majyo

この映画は小学校の校庭で夏の夜に見ました
あれ以上無いと言うくらい泣きました。
思い出すと今もツーンとしてきます。
中国のハチ公、事故にあわないように何とかしてあげると良いですね

by majyo (2018-11-25 07:36) 

JUNKO

両方とも見ました。心打つ話ですね。
by JUNKO (2018-11-25 13:38) 

レインボーゴブリンズ

ご訪問いただき、ありがとうございます(^^)/
いつも思うのですが、イヌの座り方って、姿勢がよくてきれいな座り方だなぁと。
by レインボーゴブリンズ (2018-11-25 20:31) 

suzuran

majyoさん:
コメントありがとうございます。

中国に限らず、このような動物のニュースがあると熱心に読みますが
続報が掲載されたことってほとんどないですね。

ボランティアグループが里親探しに取り組み始めたという話はあると
書いてありましたが、上手く見つかると良いですね、というようにしか
書けないのが実際のところで残念です。
by suzuran (2018-11-25 23:23) 

suzuran

JUNKOさん:
コメントありがとうございます。

動物が主人公の映画は、どうも感情移入してしまうので冷静に見ることが
出来ないです。(シナリオがあるとわかっていても、ダメです)
by suzuran (2018-11-25 23:28) 

suzuran

レインボーゴブリンズ さん:
コメントありがとうございます。

ワンコも年を取ってくると股関節とか、柔軟さを失ってきますね。
若い頃はきちんとお座りが出来ていましたが、家のワンコたちも
15歳とか11歳とかなので、座り方が崩れてきています。

by suzuran (2018-11-25 23:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved