So-net無料ブログ作成

ブレンドン・ハートレーは今年で終わりか? [モータースポーツ]

来年のシートがほぼ埋まりつつある各チームの中で、トロロッソ・ホンダ
の場合は、レッドブルに昇格が決まっているピエール・ガスリーの後任は
昨年で契約を解除されていたダニール・クビアトの復帰が確定しています
が、もう一つのシートのブレンドン・ハートレーについては最終戦終了後
に発表するということで、憶測はいろいろと流れていますが、確定したと
いう話は現時点では出ていません。

Brendon Hartley.jpg

ピエール・ガスリーとの比較から目に見える結果としてポイントが低いと
いうことと、予選でも決勝でもアクシデントで車を壊す頻度も高いことも
あることから残留する可能性は低いという見方が大勢なのは事実です。


報道によればレッドブルのモータースポーツアドバイザーのヘルムート・
マルコとレッドブルのチーム代表のクリスチャン・ホーナーがブレンドン
・ハートレーと今後のことについて重要な通達をしたようだということで
レッドブルのジュニアチームであるトロロッソ・ホンダの来年のシートは
後任として名前が出ている、アレクサンダー・アルボンに交代することを
通告したと見られています。











ブレンドン・ハートレー本人はシーズン序盤と比べて後半戦になって調子
を上げてきていると主張すると同時に、自分自身には来年も契約があると
複数年契約を示唆してはいますが、昨年にはダニール・クビアトも翌年の
契約があっても解雇されているわけですから、違約金を払えばそれで済む
書面上の約束事を強く主張するよりも、結果を出すことに専念することが
最重要だと思いますが、メキシコでもピエール・ガスリーの前に出ること
は出来ませんでしたからね、世界中で20人しかいないF1ドライバーの
シートを維持することは難しかったということになりそうです。

後任とされているアレクサンダー・アルボンは来年以降の三年契約で日産
からフォーミュラEに参戦する契約を結びましたが、F1で走るチャンス
があればF1に行きたいのは当然だと日産のチーム代表が言うほどなので
トロロッソから何らかの見返りを得ることで、契約の解除に応じることは
確実なようですから、実現性はかなり低そうですが一つの可能性としては
ブレンドン・ハートレーがフォーミュラEの日産チームから出走するかも
知れないという見方は出来そうです。



日産と同時期(日産はルノーを引き継ぐので事実上は初参戦ではない)に
BMWが参戦して、2019/20年シーズンからはメルセデスの参戦も
決まっている上、F1を引退したフェリペ・マッサやマクラーレンの解雇
が決まっているストフェル・バンドーンも参戦するフォーミュラEは今年
よりも来年、来年よりも再来年と人気が高まることが予想されています。

東京のお台場で日本グランプリを開催する、という噂話もありますからね
フォーミュラEで好成績を挙げて捲土重来を期するのも良いと思いますし
今後、価値が高まることが見込まれるフォーミュラEの歴史に名前を残す
トップドライバーを目指すのも良いと思います。


nice!(71)  コメント(2) 

nice! 71

コメント 2

JUNKO

男優参加と思いました。ハンサムですね。
by JUNKO (2018-11-01 16:21) 

suzuran

JUNKOさん:
コメントありがとうございます。

そうですね、トロロッソ・ホンダのドライバーはブレンドン・ハートレー
もピエール・ガスリーもルックスで勝負できるレベルだと思います。

ただ残念なことに、ブレンドン・ハートレーについてはF1ドライバー
として、もっとも肝心なドライビングで結果が出ないのが辛いところと
いう感じですね。

by suzuran (2018-11-02 00:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved