So-net無料ブログ作成

サスペリアのメインテーマ [シネマクラブ]

ダリオ・アルジェント監督のホラー映画「サスペリア」が約40年ぶりに
リメイクされることは当ブログの記事でも書きましたが、映画が完成して
ヴェネチア国際映画祭に出品され、この映画を14歳の時に観たときから
自分ならではの解釈で映画化したかったというルカ・グァダニーノ監督と
主演女優のダコタ・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツなどが登場
して映画が上映され、予想を超える衝撃の内容だったようです。



前作の時には、ダリオ・アルジェント監督の直々の指名によりイタリアの
ロックグループ、ゴブリンがシンセサイザーを多用した音楽を創り出して
発売されたサウンドトラック盤は発売から数年後には定価の倍以上の価格
で取引されるようになり、サウンドトラック盤としては異例のヒット作品
になっていました。(ゾンビの音楽もゴブリンが担当してヒット)




さすがに40年が経過していることもあり、ゴブリンの登場はなく今回は
英国のロックバンド、レディオヘッドのメインボーカルのトム・ヨークが
歌詞も付いた曲を作っています。



映画の設定が1977年のベルリンということから、今風の音楽ではなく
設定からインスピレーションを受けたとされる曲は多重録音を繰り返した
1970年代のプログレッシブロックという感じです。



ゴブリンのサスペリアとは違うのは当たり前なんですが、背筋が寒くなる
怖さを感じたのは前作に対して、重石を積み上げていくような音の圧迫感
を感じるのは今回のテーマ音楽のように感じました。

人それぞれなので感じ方にも違いはあると思いますので、どっちが良くて
どっちが悪いという言い方はするつもりはありません。

「キック・アス」では無敵の少女ヒットガールを演じていたクロエちゃん
ですが、出演作にホラー映画が多いのはどういうことなんでしょうね。



アクション女優としてスカーレット・ヨハンソンみたいな活躍をする作品
にも出て欲しいなと思っています。

サスペリアの前作は衝撃的な展開が続くオープニングに対して、強大な力
を持つはずの魔女なのに随分とあっけなく退治されてしまうエンディング
だったので、あのラスト15分ほどを、冒頭の15分並みのスピード感で
描いたらとんでもなく怖い映画になると思うので、そんな感じでリメイク
したんじゃないのかな?なんて思っています。


nice!(28)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 28

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

トム・ヨークが音楽を担当してるのですか。これは映画もおもしろそうですね。
『サスペリア』オリジナルは、主演にジェシカ・ハーパーを起用したのも大成功だったと思います。
モレッツは『イコライザー』で大人のいい感じを出してたんですが、途中ですぐに出なくなってがっくりでした(笑)。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-09-17 03:05) 

suzuran

末尾ルコ(アルベール)さん:
コメントありがとうごさいます。

前の時はいかにもイタリア映画という感じの赤が基調の映画でしたが
今回は監督も代わっているので、同じテーマでありながら視覚的には
大きく違ってくるんじゃないかと思っています。

盲導犬がパートナーを食い殺したり、いろいろと見えない力が働いて
惨劇が起きていた割には、魔女本人はかなり簡単に消えてしまったので
実は続きがあるかと思いましたが、結局パート2はありませんでした。

サスペリアをリメイクするのも良いですが、実は魔女は復活していたと
いう方向で続編にしたら良かったんじゃないかと思います。

クロエちゃんは大人になるほど、一癖、二癖ありそうな役が多くなって
「キックアス」の時のような単純な映画が少ないのが残念です。

by suzuran (2018-09-18 22:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved