So-net無料ブログ作成

サメの襲撃が増える危険な日 [環境・自然]

アメリカ・フロリダ大学の研究者が、浅瀬でサメに襲われる可能性が高い
日の条件として「8月・新月・日曜日」が危険だと警告しています。

サメが人を襲ったのが一番多かったのが新月でその次が満月の時だったと
いうのが、一つ目の根拠らしいですが月の満ち欠けよりも潮の動きの方に
関係があって大潮だったということなのではないかと思います。

tigershark.jpg

大学の研究者が高い研究費を使い優秀な頭脳で考えたであろう結論に対し
あまりにも思い付きみたいで申し訳ないですが、月の満ち欠けがサメの餌
となる魚の行動パターンに影響を及ぼしているのだろう、なんて、曖昧な
発言をしているようですが、魚釣りでも潮のよく動く大潮の日は狙い目な
日ですから、捕食者であるサメにとっても条件は同じだと思います。


そして事故が最も多かったのは8月…当然ですよね。
人間は寒い時にわざわざ海に入ってまで遊びませんから、夏の暑い時期に
海水浴をするわけで、8月にサメと遭遇する人間が増えるのは当たり前の
ことであると思います。(北半球の話ですが)

さらに事故の多い曜日が日曜日なのも、サメとしては別に曜日なんて関係
ないでしょうから、ただ単に休みで海に入る人が多いというだけのことで
そんなに御大層な因果関係はないものと思います。

なんだか大学の研究者って、そんなに頭のよくない人でもなれそうな気が
してしまうレベルの低さだなと思ってしまいました。

結果に対して後付けで理由を付けるのではなく行動特性から予測するのが
本来の意味での専門家なのではないでしょうか。

高級リゾート地として有名なバハマでサメと一緒にダイビングするツアー
が実施されているのですが、ここで一緒に泳いでいるサメは人を襲う例も
あるイタチザメの仲間なんですね。



サメの特性を見極めたインストラクターが一緒に泳いでいるので基本的に
安全ではあるらしいですが、気を抜いてサメに不用意に背を向けた参加者
に大型のイタチザメが目を付けて追跡を始めたところでインストラクター
がサメがもっとも嫌がる鼻先を押さえて追跡を止めさせた映像が、世界に
広がっているので掲載しました。

もう一つの映像は餌付けされたサメに手に持った餌を与えようとした女性
が指を噛まれて海に引きずり込まれそうになった映像があります。



サメに指を食いちぎられそうになった(サメにその意図があったかどうか
はサメに聞かないとわかりませんけどね)らしいですが、大人ですからね
サメは肉食という基本的なことは忘れちゃだめだと思います。

比較的、大人しいサメを相手にしても突発的には何が起きるかわからない
というのが現実ですし、日本でもサメによる咬傷事故は起きていますので
警告された8月で新月の日曜日の海水浴はお気を付け下さい。


nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved