So-net無料ブログ作成

日大アメフト部の反則問題について [スキャンダル]

普段からアメリカンフットボールという競技には全く興味はないのが実際
のところで、さらに言うならば大学の対抗戦とか要するに大学の体育会系
については新入生歓迎会で急性アルコール中毒とか、女子マネージャーに
複数の部員が酒を飲ませて強姦とか、ロクでもない事件のイメージが強い
ので(全員が同レベルのクズだとは思いませんが)基本的に偏見があると
いうのは事実なんで申し訳ないとは思っていますが、今回の件はそういう
イメージ的なものではなく事件と認識されていることなので、事件と指摘
されている部分について思ったことを書きます。



事件の経緯としては日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール部
で定期試合として実施された試合において、関西学院大学(以下関学大)
の選手に対して、日本大学の宮川泰介という選手が悪質反則行為を行った
というもので、アメフトのルールを知らない私が見てもボールをパスして
緊張感のない状態の選手の背後から飛びかかっている、宮川選手の行動は
常軌を逸しているとしか思えません。


関学大の選手は医師の診療を受けて膝と腰の負傷で全治三週間の診断書が
出たようですが、その後左足に痺れが出たことから精密検査を受けて結果
を待っているという話なんで、もしかしたら腰部や背中の脊椎などに強い
衝撃を受けたことによる障害があるかも知れません。

反則については故意(試合の展開に関係のない選手に対するタックルなど
普通に考えたら反則以前に暴力行為です)であるとして、関学大は日大に
対して正式に抗議文を送付し、その返事を待っていたわけですが日大から
の回答があまりにも当事者意識に欠ける内容であったために、関学大側が
記者会見を開いて告発するなど、クラブ活動レベルから大学レベルの問題
に発展して文部科学省とかスポーツ庁など(胡散臭い)省庁が醜聞隠しに
好都合と考えたのか積極的に関与してきています。

事件を起こした当事者の宮川選手はクラブを退部した上で、監督とコーチ
の指示の下で相手の選手を壊すことを指示されたと暴露した上、他の選手
も指導者からのスパルタ指導(いわゆる鉄拳制裁)があったことを認めて
選手よりも監督が悪いという方向に話が進んで、日大の内田監督は辞任を
発表しましたが日大のアメフト部は廃部になりそうな感じです。



まず当事者の宮川選手ですが、20歳を超えた大人が監督がやれと言った
コーチに念押しされたからやったという言い訳は幼稚すぎますよ。

反則をするなら試合に出してやると言われたから監督のパワハラだなんて
書いている記事もありますが、分別の付く大人でありながら実際に他人に
怪我をさせた後で、僕は言われたとおりにしたから悪くないとか、普通に
見ておかしいだろ?と周囲の人は思わないんでしょうか。

勝つためには何をしても良いという考えが問題の根本とか、きれいごとを
書いている記事もありますが、現在の自民党政権のやり方に対して反論を
しないメディアがそういうことを言うなと反射的に思いました。

指導者も怪我をさせた当事者も言い訳が先に出て、怪我をした被害者には
謝罪の言葉もないという時点で人格的に異常な人たちばかりです。

アメフト部に在籍していると就活に不利だからと先を急いで退部に走って
いるとされているアメフト部の部員たちの中に一人でも二人でも指導者の
異常な言動を批判する気があれば事件は起きなかったわけですから、実は
保身に走っている部員それぞれが卑怯者なわけですよ。

日大アメフト部の在籍者は卒業生も含めて、上司から命じられたら女性の
飲み物に睡眠薬を混入させ、仕事上のライバルの食事には下剤を混入させ
上司の性欲と出世欲を満たすために働く忠実な部下になっている危険性が
とても大きいような気がします。

パワハラだなんだと言ったところで、上からの命令を社会正義に照らして
異常だと拒めないような人間は、他の人に対しては犯罪行為を平気でする
ということが今回の件で明らかになったわけですから、日大アメフト部の
在籍者が被害者面するのは絶対におかしいと私は思います。


nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 38

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved