So-net無料ブログ作成

背中を押してほしい時に聴きたい歌 [音楽]

普段からそんなに悩み多き人ではないわけですが、会社という閉ざされた
社会の中で仕事をしていると自分の意思・感情だけではどうにもならない
こともあるわけで、時には理屈を超えた部分でなんとかしたいと思うこと
もあるわけで、それは誰しも同じことだと思います。



でも、そのまま感情のおもむくままに行動してしまったら、一つのムラで
ある会社という社会の中では生きていけなくなってしまうわけで、村八分
という集団いじめというか、村の掟を守れなければ村から出て行け攻撃を
受けるわけで、出る杭になるのも簡単なことではありません。


ましてや経済がどん底、政治も崩壊しているこの国で自分の道を真っ直ぐ
に進むということは組織の中で浮いてしまうことを覚悟しなければ無理な
ことで、わざわざ冷たい風の中で薄氷の上を歩いて向こう岸に渡る必要は
ないんじゃないかと自問自答するのが普通だと思います。

でも、ただ流されるだけで生きていくのが一度きりの人生なのか?と何か
の弾みで考えてしまうのも、これまた知恵と思考能力を持ってしまったが
ための人間としての試練であり、踏ん張りどころでもあるわけで、全てを
小さくまとめて、力を持った者にすり寄り、能ある豚がヘソを隠してでも
粛々と逆らわずに生きていくのも、これまた忍耐力のいる人生です。



どうしても立たずにいられない時、そんな時は誰にでもあると思います。
ダメ元で立ちあがった時に、座していた時には見えなかった高さから広い
世界を見られることに気付いて、難解な条件の中で立ちあがった自分自身
を褒めてあげたいと思った時、そして、立ち上がる勇気を与えて欲しいと
思った時に、中島みゆきさんの歌を聞きます。

最終的には「時代」に帰結するわけですが、その前の段階で何とかしたい
と考えるわけで、そんな時の中島みゆきさんの歌は宣教師の説教や坊さん
の説法以上に説得力があり、力を与えてくれると感じています。



誰にも、そんな大切な歌手やグループを何人かそして幾つか思い浮かべる
ことが出来るのではないでしょうか。




nice!(39)  コメント(0) 

nice! 39

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved