So-net無料ブログ作成

アライグマのゾンビが出たらしい [海外の話題]

アメリカの田舎町と言えば、アライグマとかスカンク、ウサギ、リスなど
野生動物が出てくるのは珍しいことではないと思いますが、オハイオ州の
ヤングスタウンという町で、アライグマのゾンビを目撃したという通報が
警察に約15件あったために警察が対応した結果が報じられていました。

raccoon_zombie1.jpg

目撃者の話によれば、通常は夜行性で人目に付かないように活動している
アライグマが昼間に現れて二本足で立ちあがり、牙を剥きだして人を威嚇
したかと思うと、そのまま後ろに倒れこんで昏睡状態のようになった後で
再び立ち上がって威嚇をするという動作を繰り返したということです。


raccoon_zombie3.jpg

牙を剥いたときにはよだれを垂らしながら迫ってくるということで、普段
アライグマを見慣れている人なら普通じゃないことは一目瞭然ですからね
さぞかし怖かっただろうなと思います。

raccoon_zombie2.jpg

結局、このアライグマは捕獲されて安楽死させられ、同じエリアで現れた
同じような行動をするアライグマも同様に安楽死ということになったわけ
ですが、このような状態になった理由は犬の伝染病のジステンパーに感染
した疑いがあるということです。

raccoon_zombie4.jpg

アライグマはイヌ科ではありませんが、食肉目(ネコ目)の動物に限らず
哺乳類の多くが感染するにも関わらず犬しか感染しないような名前の病気
である狂犬病にも感染しますし、基本的にはイヌ科の感染症とされている
ジステンパーに感染する事例もあれば、ネコ回虫(イヌに寄生する回虫と
ネコに寄生する回虫は違う種類です)が寄生したアライグマもいるようで
野生の個体群は感染症や寄生虫の集団感染のリスクも高くなっています。

ネコ科でない動物にネコ回虫が寄生すると消化器の中は居心地が悪いので
目玉の中や脳の中で活動するために失明したり、脳障害が出ることがあり
ネコが糞をする公園や保育園の砂場は危険性が高い場所になります。

話が逸れましたが、アライグマはネコ回虫が寄生しても特に問題が出ない
という特性があるために、人間の水飲み場などでネコ回虫の卵を媒介する
危険性があるために野生のアライグマは嫌われているわけです。

そんな感じで現地ではアライグマはリスクの高い動物だと思われていると
いうこともあって、牙を剥いてよだれを垂らしたりしたら、そりゃ並みの
怖さではなかったでしょうから、ゾンビと呼ばれたんでしょうね。

raccoon_zombie5.jpg

狂暴になってよだれを垂らしたら普通は狂犬病を疑いますが、水を見ても
恐れなければ狂犬病ではないですから、そういう得体のしれない怖い動物
というのが何よりも怖かったことでしょう。


nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 34

コメント 2

tommy88

怖い
実に怖い話です。

by tommy88 (2018-04-16 09:42) 

suzuran

tommy88さん:
コメントありがとうございます。

中途半端ではなく完全にキレてしまったアライグマは人間を
恐れなくなってしまうので大人でも大怪我をするでしょうね。

子供が指をかみ切られるという事故が野生のアライグマが広く
生息するアメリカでは起きているみたいです。

日本でも北海道から中部地方ぐらいまでの範囲で自然繁殖して
生息しているので危険ですね。
木曽川の堤防道路で車にはねられたアライグマを見たことがあり
想像以上に増えているような気がします。
by suzuran (2018-04-16 23:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved