So-net無料ブログ作成

真屋順子さんが死去 [訃報・追悼]

萩本欽一の「欽ちゃんのどこまでやるの!」で、奥さんの役を演じていた
真屋順子さんが亡くなりました。

maya_junko.jpg

ザ・ドリフターズの「8時だよ!全員集合」、主に吉本興業と太田プロの
芸人が出演していた「オレたちひょうきん族」と並んで、萩本欽一さんの
全盛期の時に「欽ちゃんのドンとやってみよう!」とは別の枠で放映され
息子役で出ていた見栄晴、三人姉妹のわらべなど、なにをやってもウケる
当時の時代を代表する番組でした。




自称米屋の斎藤清六がアナウンサー役で出演するなど、素人に近い出演者
が大半で、本当の役者は真屋順子さんだけという番組でしたが、黒子役の
関根勤とグレ子役の小堺一機もこの番組の後から独り立ちしたような記憶
があります。(人の記憶は曖昧ですけどね)

そういう意味では萩本欽一という人は演出家としてすごい人だったという
ことになるのでしょうね。

というか、亡くなったのは萩本さんではなく真屋順子さんでしたね。

この番組に出るまではあまり個性のない平凡な主婦の役柄でドラマに出演
することが多かった真屋順子さんは、この番組に出て一気に知名度を高め
天然ポケを生かして芸の幅を広げました。

2000年には脳出血のために倒れて、車椅子での生活になり女優業から
事実上の引退をしましたが、俳優の夫とともに近況を伝えるようなことは
されていたような気がします。

昔の映像を見ると可愛らしい人だったんだなと再認識しました。
50代で発病して18年間もの間、闘病していたことになるんですよね。
長い間お疲れさまでした。真屋順子さんのご冥福をお祈りします。


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved