So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イチローがフリーエージェントに [スポーツ]

マイアミ・マーリンズで二年間を過ごし、球団側が来年の契約更新の権利
を行使するかどうかが注目されていましたが、ニューヨーク・ヤンキース
時代に一緒のチームで活躍して、引退後にマーリンズの経営権を取得した
デレク・ジーター代表はイチローが大好きだと言いながら、選手としての
イチロー選手を必要とはしなかったようです。

ichiro_FA.jpg

マリナーズからヤンキース、そしてマーリンズと渡り歩いたイチロー選手
はフリーエージェントの権利を得て、マーリンズを含むすべての球団との
交渉が可能になり、50歳まで現役の目標を達成するための新たな球団を
選択し、そしてまた球団から選択されて移籍ということになります。


仲の良い友人同士がオーナーと選手という立場で同じ球団に存在するのは
あまり良い感覚は持たれないだろうな…というように見ていたこともあり
マーリンズのオプション契約行使は多分ないだろうと思っていたので今回
の結果について意外な感じは受けませんでしたが、MLBでは早くも次の
球団はどこ?という話題で盛り上がっているようですね。

44歳の年齢が云々と書いているところもありますが、実際に重要なのは
実年齢ではなく肉体年齢ですから、MLBの大概の選手よりは速く走れる
走塁能力やホームランを打つことも可能な長打力、卓越した守備力と日本
で度々報道される認知度を考えたらレギュラーとしてフルシーズンを活躍
することは難しいかも知れませんが、二億円の年俸は決して高くはなくて
むしろ安いぐらいだと思うので、外野手が三人揃っているチーム以外なら
イチロー選手を欲しがる球団は少なくはないと思います。



日本から読売ジャイアンツも金の力で引っ張ろうとするでしょうが、元々
お金が欲しくてメジャーに行ったわけではないので、金ならあるでと成金
のように振る舞うジャイアンツに行くぐらいなら日本時代に所属していた
オリックスブルーウェイブか、子供の頃からファンだった中日ドラゴンズ
を選択するんじゃないのかな?(イチロー選手は愛知県民ですから)

今後もメジャー記録を更新し続ける要素が多分にあり、大きな怪我で離脱
したこともなく、メジャーリーグの殿堂入りが確実視されていて、若手の
手本となる基礎トレーニングや日々の練習を継続する姿勢などが高く評価
されていることから球団の名誉を考えて、オファーを出す球団もあるとは
思いますが、マーリンズではあまりにも出場機会が少なかったですからね
何かと誉める割に出番を増やさなかったマッティングリー監督の起用法を
イチロー選手がなんの不満を感じなかったことはないと思いますので選手
として出場機会の多くなりそうなチームに行けたら良いんですけどね。

今年中に決まるかは難しいかも知れませんが、残り6年間でイチロー選手
の集大成を良い形でサポートしてくれる球団と契約できると良いですね。


nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント





Copyright (c) 2013-2018 suzuran All right reserved