So-net無料ブログ作成

砂川啓介さんが癌のため死去 [訃報・追悼]

ドラえもんの初代声優を務め、現在は認知症を発症して療養生活を続ける
大山のぶ代さんの夫で、元たいそうのおにいさんだった、砂川啓介さんが
尿管がんのため都内の病院で亡くなりました。



私が生まれる一年前からNHKでたいそうのおにいさんをしていたという
ことになるわけですが、子供の頃の記憶として「おかあさんといっしょ」
の中の着ぐるみキャラクターとして、ブーフーウーという三匹の子豚たち
のコーナー(7歳の時まで続いていますから歌も覚えています)と一緒に
たいそうのおにいさんだった頃の砂川啓介さんの記憶もあります。




砂川啓介さんが大山のぶ代さんと知り合ったのは、おかあさんといっしょ
のブーの声を大山のぶ代さんが担当していたからということのようです。

大山のぶ代さんの認知症を公表した際に、自らが介護する意思を表明して
その後「娘になった妻、のぶ代へ」という本を出版して、二人の間に最初
に出来た子供が死産、次に生まれた長女が三か月で亡くなった後は、寝室
を分けて夫婦の営みが無くなり、その後40年間関係が無くなったことも
告白して、妻ではなく娘となったことを伝えています。

認知症を公表した際には、自分自身も初期の胃がんを手術したことを公表
していましたが、昨年、尿管がんと診断されたものの大山のぶ代さんより
先には死ねないと入退院を繰り返しながら介護を続けていました。

今年になって肺にたまった水を抜くために入院し、退院後も体調が戻らず
自宅で意識不明の状態でマネジャーに発見されたりしていたようですが、
今月、再度入院後、容態が急変して亡くなったそうです。

sagawa_keisuke.jpg

入院中に大山のぶ代さんは数回、病院に見舞ったようですが看取ることは
出来なかったようで、近親者で行われた通夜・葬儀も欠席していることで
砂川さん(夫)が亡くなったことをどこまで理解しているかはわからない
とのことです。

私も認知症の母親がいますが、1分前のことも忘れていることが多いので
特に最近のことは理解していないかも知れませんね。

心残りはあったかと思いますが、自分自身の体調が悪い中で介護をすると
いうのは人に言えない苦労も多々あったことと思います。
住む場所は変わってしまいますが、ゆっくりと休んでいただきたいです。

大山のぶ代さんの介護は、老人ホームの職員の方々がしっかりとサポート
してくれることでしょう。
忘れることの出来る認知症であることが逆に幸いかもしれません。

娘になった妻、のぶ代へ (双葉文庫)娘になった妻、のぶ代へ (双葉文庫)
砂川 啓介

イノセント・デイズ (新潮文庫) ケモノの城 (双葉文庫) それでもこの世は悪くなかった (文春新書) 九十歳。何がめでたい ユマニチュード入門

by G-Tools



nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved