So-net無料ブログ作成

相変わらず根性論の体育会系顧問 [スキャンダル]

福島県郡山市の私立日大東北高校の相撲部で、顧問の男性教員が男子生徒
をデッキブラシで殴って怪我を負わせるなどの暴行を繰り返し、殴られた
生徒が転校するという問題が起きていたことが分かりました。

高校生の体育大会には高校野球も含めて全く興味がないので日大東北高校
が相撲の名門校だということも知りませんでしたが、部員が全部で三人の
名門というのも随分と寂しい話ではありますね。

この相撲部で顧問をしていたのは20代の教員で、部活の稽古の後に入浴
しようとして裸になった男子生徒をデッキブラシで殴って怪我をさせたと
いうだけでなく、同じ生徒の顔を平手打ちしたり蹴ったり、硬質ゴム製の
ハンマーで殴ったこともあるということで、そんな無意味な暴力が指導に
繋がるわけがありませんが本人は指導が行きすぎたと答えたようです。


体育会系の大学を卒業している主に体育教師は私が高校生の頃も、大体は
生徒指導室の担当で定規を持って女子生徒のスカートの長さを図って文句
を言ったり、男女が一緒に居るクラブ活動の部室にいきなり入り込んでは
男子と女子が一緒になにをしているんだと凄んで見せたりして本当に低脳
な教師どもだなと思っていましたが、今でも大差ないみたいですね。

nichidai_tohoku.jpg

デッキブラシで殴られて良い指導をしてもらったと思うような生徒は多分
日本全国を探しても一人もいないと思いますが、この高校の校長は暴力の
事実を把握していても「前途ある教員なので処分しなくていいと考えた」
と言うぐらいのボンクラで、教員よりももっと前途のある若者がくだらん
理由で暴行を受けている方が問題なんだと思わなかったのでしようか。

他にも50代の男性非常勤職員がコーチとして指導していましたが生徒に
腕立て伏せをさせる際に、のこぎりの刃を上に向けてその上でさせていた
ということも発覚していて、ジャッキー・チェンの映画じゃあるまいし、
そんな危険なことをさせていたことに呆れます。

名古屋場所の際に若い力士見習いのような立場の少年が、部屋の親方から
暴行を受けた後で亡くなるという、殺人事件があり相撲界は浄化されたか
のような印象はがありますが、高校レベルまで含めて何も変わっていない
ことが露呈されました。

日本のスポーツ界は人権教育からやり直さないとダメですね。

なお、日大東北高校は相撲の試合に無期限出場停止になったらしいですが
指導者の不手際と、校長の判断の誤りのしわ寄せが選手に行くというのは
どう考えてもおかしいんですが、日本独特の無意味でバカげた連帯責任は
いつになったらなくなるのでしようね。

スポーツの品格 (集英社新書)
スポーツの品格 (集英社新書)桑田 真澄 佐山 和夫

集英社 2013-10-17
売り上げランキング : 107888

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
野球道 (ちくま新書) 心の野球―超効率的努力のススメ 心の野球 超効率的努力のススメ (幻冬舎文庫) 挑む力 桑田真澄の生き方 (集英社文庫) スポ-ツとは何か (講談社現代新書) 少年スポーツ ダメな大人が子供をつぶす! (朝日新書) 桑田真澄の常識を疑え!  KUWATA METHOD―父と子に贈る9つの新・提言 ! 野球の神様がくれたもの 完本 桑田真澄 (文春文庫) スポーツ 体罰 東京オリンピック



nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 36

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved