So-net無料ブログ作成

本当のバカだった長谷川豊 [スキャンダル]

元フジテレビのアナウンサーで、出張旅費の不正で会社を辞めさせられた
長谷川豊という自分の立場を勘違いしたバカな男がいます。

hasegawa_yutaka.jpg

時事ブログを運営して身障者やシングルマザー、高齢者などの弱者を叩き
自民党のヨイショ記事を書いて悦に入っている男としてというよりも人と
して最低レベルの卑怯者かつヘイト主義者で、ネトウヨとか上から目線で
高飛車ながら全く根拠のないことを声高に叫ぶ人間たちから絶大な支持を
受けているために自分が正しいと本気で思っている大嫌いな奴です。

この長谷川豊が、自分のブログの中で「自業自得の人工透析患者なんて、
全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」という題名で
腎不全による透析患者の医療負担のために、医療費が膨大になっていると
持論を展開する記事を書いて想定通りに炎上しました。


元々、このセコイ男はわざと自分のブログを炎上させて閲覧者を増やして
アクセス数に応じて収入を得ていることから、意図的に女性や高齢者等を
口汚い言葉で書き散らしているゴロツキで有名なんですが、人工透析患者
という明日は我が身かも知れない人達にまで保険料納付者の代表のような
尊大な態度で「死ね」という表現まで使ったことから、今までの駄文とは
比較にならない批判が広がったことから、こんなバカをメインキャスター
として起用していたテレビ大阪にも批判が100件以上寄せられました。

テレビ局側は長谷川豊に撤回を求めて沈静化を図りましたが、勘違い男の
長谷川は自分の主張に間違いはないとして撤回を拒否し、あくまでも戦う
意思を表明していましたが、テレビ局側はバカを相手に交渉しても無意味
ということを悟るのが早かったようで、番組からの降板を通告し事実上の
解任降板ということになりました。

長谷川本人はキャスターの公とブログの個人を使い分けていたので、降板
というようなことになるとは思いもしなかったと言ったようですが普通に
社会人として生活していれば、公人と考えられているテレビキャスターや
芸能人、政治家はSNSやブログのような個人媒体であろうと発言に責任
が伴うのは当たり前のことですし、ましてや一般個人とは違ってブログの
閲覧数で金銭を受け取っている以上、それは個人ブログではなく営業活動
と考えられるのが当たり前だとわからないのでしょうか。

長谷川豊って、詳しいことは判らないけどイキガッテ政治の話をしたがる
中学生と同レベルの知性であることがわかりました。

バカは死ななきゃ治らないと言われますので、自分の方向は自分で考えて
結論を出して欲しいものです。(死ねとは言っていませんよ。)

問題となったブログの記事の一節では「健康を意識し、毎日、ランニング
をし、お金を出して栄養バランスの良い食事をとっている人達から保険料
を巻き上げ、その金を使って、ディズニーの横入りをし、全額タダで医療
を受けつづけ、毎月「障がい者年金」を支給されタクシーにタダ乗りして
いるのです。」

「日本の利権まみれの保険システムと年金システムなんぞ、1秒でも早く
解体しろ!日本の病魔の一つが「保険」であることは確かなのです!」

なんて書いてありますが、これって在特会の在日韓国人の部分を障害者に
代えただけの本当に中学生以下レベルの捏造文書で、障害者がディズニー
リゾートで横入りしたとか、頭の中がお花畑としか思えません。

徹底的に排除されて、メディアから追放してもらいたいです。

最後に、長谷川豊にブログ記事をパクられたという男性のブログURLを
貼り付けておきますね。(長谷川の下劣さがよくわかります)
私のブログ記事をパクっていた、長谷川豊氏から連絡がありました

メディア・リテラシー―世界の現場から (岩波新書)
メディア・リテラシー―世界の現場から (岩波新書)菅谷 明子

岩波書店 2000-08-18
売り上げランキング : 85418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
池上彰のメディア・リテラシー入門 メディア社会―現代を読み解く視点 (岩波新書) 未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書) メディアと日本人――変わりゆく日常 (岩波新書) 10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー 最新Study Guide メディア・リテラシー 入門編 大学生のための メディアリテラシートレーニング メディア・リテラシー論 メディア文化論 --メディアを学ぶ人のための15話 改訂版 (有斐閣アルマ) メディア・リテラシー―マスメディアを読み解く



nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved