So-net無料ブログ作成

クィーンが日本武道館公演 [音楽]

今年はフレディー・マーキュリーの生誕70周年と亡くなってから25年
になる節目の年だということで、30年ぶりに日本武道館でコンサートが
開催され、9月21日が最初の公演でした。

adam_queen.jpg

後は22日、23日の三日間の日程なので実際のところは日本公演は既に
終了しているわけですが、前回の日本公演の時は元バッド・カンパニーの
ポール・ロジャースがメインボーカルとして参加していましたが、今回は
アダム・ランバートということで、年齢的に若くなりましたし、声の質的
にはポール・ロジャースよりもフレディ・マーキュリーの雰囲気に近いと
いうように感じます。(あくまでも個人の感想です)




45歳で亡くなって早くも25年ということで、時間の流れは本当に早い
と感じますが、25年前に香港行きの飛行機の中で配られた新聞の一面に
フレディ・マーキュリーがエイズのため死去という記事が掲載されていて
えっ!と驚いた時のことは昨日のことのように憶えています。

ベイシティローラーズが日本でヒットして、アメリカや英国とは少し違う
傾向で洋楽が広がっていったこともあり、アメリカでトップクラスの人気
があっても日本ではダメとか、アメリカではダメでも日本では人気がある
というような感じで、日本はちょっと特殊なところだと思われていた時期
もありましたが、日本で人気が出て英国やアメリカで再びプッシュされて
トップレベルになったバンドの一つがクィーンだと思っています。



日本でファンを獲得したバンドは本国でも高評価を受けるという話が出て
日本の音楽ファンは、良い作品を聴き分ける力が優れているという評判が
広がって、日本をワールドツアーのスタートに選ぶバンドも増えたのも、
デビュー後、あまりパットしなかったクィーンを世界レベルのバンドまで
押し上げた日本の音楽ファンの功績だと思っています。

日本のファンに対して舐めた行動(女性ファンを部屋に連れ込んで性的な
いたずらなどをした)をとったチープトリックは本国のアメリカではまだ
人気はあるみたいですが、日本では聞かなくなりましたからね、日本人の
音楽ファンを舐めたらあかんのです。

話がそれましたが、今回のコンサートではクィーンの曲の中で唯一日本語
で詞を書いた「手をとりあって」も披露されたようで、大きな成功をして
勲章をもらっても日本のファンを大切にするクィーンのメンバーの人柄も
日本のファンがクィーンを支持した理由の一つだと思います。

今回が最後なんて話もありますが、自分で演奏が出来るうちは、まだまだ
日本武道館を満員にする動員力もあるのですから日本に来てコンサートを
開催して欲しいグループの一つですよね。

グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツクイーン

ユニバーサルインターナショナル 2011-01-11
売り上げランキング : 790

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グレイテスト・ヒッツ 2 ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル クイーン・フォーエヴァー~ベスト・オブ・ラヴソングス(2CD) オペラ座の夜 ビリー・ザ・ベスト クイーンII<リミテッド・エディション> Greatest Hits II (2011 Remasters) ヴェリー・ベスト・オブ・イーグルス イニュエンドウ ジュエルズ



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved