So-net無料ブログ作成

性欲処理や性癖の把握までが親の責任か [スキャンダル]

現時点で職を失っているので、あえて元俳優と書きますが女優・高畑淳子
の息子の高畑裕太が強姦致傷で逮捕された件で、評論家気取りの売れない
漫画家のやくみつるが相変わらず見当違いの発言をしています。

母親の高畑淳子の責任について「当然、取るべきは取るとは思う」なんて
無責任なことを言っていますが、母親は家族ではあっても人格的には完全
に別な存在なのですから、責任の所在はないでしょう。

takafata_haha.jpg

高校野球でお得意な連帯責任みたいなつもりなのかも知れませんが借金の
保証人じゃあるまいし、連帯責任を負わなければならない理由などは到底
あるとは思えない上に、自らのデビュー40周年の節目の年でもあるとの
ことなので、自分の仕事はしっかりとするのが責任だと理解します。


犯罪者のような目付きの売れない漫画家が、親が責任を取るのは当然とか
より重いものになるとか、後先も考えずに放言するからテレビの前で日々
過ごしているような暇人たちが、母親のCMスポンサーに電話をかけたり
して勘違いの正義を振りかざして、仕事を奪っていくわけです。

今回の記者会見では息子の性欲や性癖について質問している、大間抜けな
記者(会社は判りません)がいましたが、母親が息子の性欲とか性癖など
把握していたら、その方が余程怖いし異常ですよ。

最近は受験の妨げになるからと性欲がピークの時期になると息子のために
出張風俗を呼ぶ母親なんてのがいるらしいですが、もしかしたら質問した
記者は、母親にデリヘル嬢を呼んでもらったり、もしかしたら母親自身に
性欲処理をしてもらっていたのかも知れません。(キモイな…)

一つ記者が大間違いをしているのは強姦は性癖ではありません。
日本では他国では法律で禁止されている性行為も寛容に赦している国だと
いう認識は大切なことであると同時に、相手が望んでいないことは性癖の
話ではなく性犯罪なわけですから、その辺りがしっかりと区別できない人
が安直に口にすべきことではないと思います。

そういうように考えると、やっぱり質問した記者は配慮も知識も足りない
質問をするに相応しくないレベルの記者だったような気がします。

性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのか
性欲の科学 なぜ男は「素人」に興奮し、女は「男同士」に萌えるのかオギ・オーガス サイ・ガダム 坂東 智子

CCCメディアハウス 2012-02-10
売り上げランキング : 107574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究 快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか (河出文庫) 快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか 快楽の脳科学~「いい気持ち」はどこから生まれるか (NHKブックス) 貧困とセックス (イースト新書) 性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか? 精子戦争---性行動の謎を解く (河出文庫) 影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果 恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学 美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学



nice!(28)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 28

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved