So-net無料ブログ作成

フジテレビにモラルはないのか [スキャンダル]

2006年に18歳未満の少女に対して、淫行(準強姦)事件を起こして
芸能界から干されていた山本圭壱が、お笑い芸人としてフジテレビ系列で
7月30日に放映される「めちゃ×2イケてるッ!」に出演していること
が、一緒にコンビを組んでいた加藤浩次が自分のラジオ番組で話したこと
によってわかりました。

淫行事件の前には女性に人工妊娠中絶を迫って、問題を起こしていて女性
にだらしない男であることは間違いないわけですが、フジテレビはこんな
性犯罪者をお笑い芸人としてテレビに出演させることに、倫理的な問題を
感じていないのが不思議です。


フジテレビは、春先から随分と芸能人の不倫話を深刻な問題であるように
報じてきましたが法律に照らせば不倫は犯罪ではありません。

女性がを徹底的に糾弾し、実際に取材したのかも怪しい視聴者の声として
世間の人は謹慎を求めていますなどと、正義感を前面に押し出した発言を
していましたが、女性を孕ませて自分の都合で生まれてくることに問題の
ない子供を殺させた山本圭壱がテレビに復帰することについては何一つの
批判もないわけですか。

yamamoto_rape.jpg

この山本圭壱が出演する番組の司会者の岡村も、最近は的外れの批判とか
たいして面白くもない芸のなさにも関わらず、お笑い界の大御所のような
態度が目立ちますので、俺の番組に仲間を出して何が悪い、という程度の
根拠のない理由で復帰させるのだと思いますが、謹慎中と言いながら所在
をわざわざ報告したりして、目立つようなことばかり考えていた破廉恥な
性犯罪者がテレビに出ることについては絶対反対です。

こいつのような性犯罪者は去勢しなければ、また必ず同じことをします。
その時にフジテレビはどのように責任を取るのか、まずその点を明確にし
少なくとも女性と一緒に出演してセクハラまがいのことをした時に加害者
として糾弾する覚悟があるのかについての返事を求めたいです。

事務所とトラブルになった能年玲奈については、所属事務所との力関係で
所属事務所の言い分ばかりを報じて能年玲奈を貶めるような発言ばかりが
目に付きますが、法的には事務所側に問題がある芸能界のルールとやらに
準じて能年玲奈の出演はさせないくせに、実際に法を犯して所属事務所に
解雇された山本圭壱を出演させる根拠についても説明して欲しいです。

性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)
鈴木 伸元

性犯罪被害にあうということ (朝日文庫) 加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2) 性犯罪被害とたたかうということ 「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書) 子どもと性被害 (集英社新書)

by G-Tools



nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 26

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved