So-net無料ブログ作成

先見性のないフジテレビ [テレビ]

在京キー局の中で、圧倒的な負け組と化しているフジテレビ。
昼間の時間帯の視聴率を稼いでいた韓流ドラマを、ごく一部のネトウヨに
韓流ドラマばかりを放送していると批判されたことで、韓流ドラマの放送
を打ち切って、ネトウヨだけが大喜びをしたものの、極端なヘイト集団の
抗議を粛々と受け入れるその姿勢が一般視聴者から嫌われたのも、一つの
要因だと思いますし、ジャニーズ事務所の幹部にベッタリで木村拓哉以外
のメンバーを晒し者にした人権感覚のなさや長いものに巻かれる体質など
一般世間で嫌われる要因を多々持っているのがフジテレビの体質です。

fujitv_odaiba.jpg

AKB関連で女性蔑視思想の強い秋元康の意向に逆らうことなくセクハラ
パワハラ紛いの放送を恥じることなくしていることも問題だと思いますし
自民党・安倍政権を支援・擁護する偏向放送を全く悪気もなく続けている
ということに対する批判があるのも事実だと思います。


というような感じでフジテレビが低視聴率が続いて、売り上げが低迷して
いようが個人的には全く関係のない話なんですが、放送をすること自体に
意味がないとしか思えない27時間テレビを、来年からはAKB総選挙と
組み合わせたコンテンツとして放送する予定のようです。

今年のAKB総選挙の視聴率も17.6%と高視聴率を獲得できる優良な
コンテンツという話になっていますが、6:30から9:24まで延々と
約三時間放送された総選挙の中で、一位が発表されてコメントが流された
第三部のみが17.6%となり、その他の時間帯は6.2%から8.7%
で、実質的な平均視聴率は10%にも足りません。

AKB48-Baitoru.jpg

そんな終わりの見えているようなコンテンツをメインに据えて、不人気な
27時間テレビを継続させようという企画力のなさというか頭の悪い編成
しか出来ないのがフジテレビの根本的な問題だと思います。

AKBのプロデューサーの秋元康が近々引退して、その後は女優としては
全く需要のない前田敦子がプロデューサーとしてAKBに復帰するらしい
ですが、人気が凋落傾向のAKBに壊滅的な前田敦子が加わったところで
何の展望が開けるのか?という感じです。

負け組フジテレビと人気低落のAKBが、女優として失敗した前田敦子を
加えてどのように化けて見せるのか?来年をお楽しみにという感じです。

来年、AKB総選挙を出来るだけの支持があるかも疑問なんですけどね。

フジテレビはなぜ凋落したのか (新潮新書)フジテレビはなぜ凋落したのか (新潮新書)
吉野嘉高

1989年のテレビっ子 -たけし、さんま、タモリ、加トケン、紳助、とんねるず、ウンナン、ダウンタウン、その他多くの芸人とテレビマン、そして11歳の僕の青春記 映画を知るための教科書1912~1979 昭和芸人 七人の最期 (文春文庫) 池上無双 テレビ東京報道の「下剋上」 (角川新書) デジタル・ジャーナリズムは稼げるか

by G-Tools



nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 19

コメント 2

majyo

フジテレビは全く見ません。産経新聞が酷いからです
>女性蔑視思想の強い秋元康
おバカで良いのよ女の子は みたいな作詞を見ましたが
本当に情けなくなります。
ジャニーズの件は、キムタク以外は本当に可哀そうでした
独立すべしです
by majyo (2016-06-23 21:05) 

suzuran

majyoさん:
コメントありがとうございます。

産経新聞は新聞じゃないですね。
ネトウヨが発行する自民党・公明党政権の私設機関誌です。
最近は校正もまともにされていない、三流かわら版です。

秋元康が、おにやんこのプロデュースをしたのは
アイドルとの恋愛を楽しみ、結婚したかったからだと
自ら自慢話として喋っていますから、やはりロリ変態で
間違いないと思います。

by suzuran (2016-06-25 08:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved