So-net無料ブログ作成

年末まで続くか?藤原紀香の新婚生活 [結婚・離婚]

個人的には想定の範囲内というか、予想通りというように感じていますが
歌舞伎役者の片岡愛之助と結婚した藤原紀香の評判が悪いです。

結婚前から離婚するのは確実だと思われるカップルというのは珍しいなと
思ってはいましたが、それでもやっぱり普通に考えたら離婚するだろうな
と思うのは当たり前だというように感じています。

歌舞伎役者が公演している劇場の楽屋では役者以外は通路の淵を歩くとか
伝統芸能としての慣例みたいなのが、いろいろあることは想像できますが
そんな通路を藤原紀香は細いヒールのブーツで歩いていたとか、本人自身
が知ってか知らずか歌舞伎の世界(梨園)のしきたりを気に留めていない
藤原紀香は梨園関係者からは嫌われ、その夫の片岡愛之助についても常識
の範囲を超えた女遊びぶりによって評価を落としているようです。


last_wedding-1.jpg

女遊びというのは、女性側も本気の付き合いではないという暗黙の了解が
成立していなければ逆に大きな波風が立つもので、藤原紀香との関係以前
に付き合っていた熊切あさ美さんとは正式な別れ話がないまま勝手に荷物
を纏めて出てきたという話で、いわゆる女遊びの去り際、別れ際としては
とてつもなくカッコ悪いものですし、それ以前に同棲していた女性との間
に生まれた子供について今更ながらDNA鑑定を要求したりして、女遊び
というからには女性が不幸にならないように金銭面で支えたりしてこその
女遊びであると思いますので、責任逃れに走るようではダメですよね。

ということで、双方が周囲から良く思われていない新婚夫婦なんて、多少
真面目に探したってなかなか見つかるものではありません。

そりゃそんな状況であれば離婚の噂が流れるのは当然のことですし全てが
事実ではないにしても、人として大切にしなければならないものを互いが
持ち合わせていない気がしますので、今年の年末まで持たないだろうなと
言われるのは正論であると思いますし、私もそう思います。

last_wedding-2.jpg

やはり他人を不幸にして幸せになろうなんて考えちゃダメなんですよ。

妻の浮気―男が知らない13の事情 (新潮新書)妻の浮気―男が知らない13の事情 (新潮新書)
池内 ひろ美

イマドキの不倫事情と離婚 (祥伝社黄金文庫) はじめての不倫学 「社会問題」として考える (光文社新書) 不倫のリーガル・レッスン (新潮新書) 浮気がバレる男、バレない女 (フォレスト2545新書) 家庭の主婦は昼間ナニをしているのか 奥様358人 不倫白書

by G-Tools



nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved