So-net無料ブログ作成

シンゴジラのビジュアル公開 [シネマクラブ]

東宝が「ゴジラ・ファイナルウォーズ」以来、12年ぶりに製作している
「シン・ゴジラ」の予告編が公開されました。



他の人の意見はともかく個人の意見を感じたままに書きますが、酷すぎる
というように感じました。

初代ゴジラをリスペクトしたのか、かなり小さい腕が特徴ではありますが
その小さい腕がまるで枯れ枝のように見えますし、ゴジラの上半身が貧弱
で、歯並びの悪い口元や首の部分の造形を見ていると亡霊怪獣シーボーズ
がゾンビになって復活したのか?と言いたくなるほどの不気味さです。


アメリカ版ゴジラの周囲を圧倒する存在感と比べると、やはりゾンビ怪獣
という風情で、別の意味で周囲を圧倒する不気味さがあります。

shin-godzilla.jpg

体の表面が赤いのは昭和ゴジラのバーニングゴジラを意識していることは
間違いないようにも思いますが、ガリガリの骨っぽいゴジラが赤く光って
いるというのはなんだか病的な感じで、ゴジラがスペースゴジラと戦った
時のような凄みを感じないのがとっても残念です。

今までに数多くの映画の予告編を見てきましたが、予告編を見てこの映画
は絶対に観るのを止めようと思ったのは、これが初めてです。

俳優が328人も出演して日本最大規模の総キャスト数だという話ですが
ゴジラ映画に人間をゾロゾロ出して何の意味があるのでしょう。

逆に言えばゴジラを主役にして、ゴジラを中心にして二時間持たせるだけ
の脚本・演出が出来なかったという時点で、この映画は負けです。

「エヴァンゲリオン」と「進撃の巨人」のスタッフに怪獣好きが納得する
怪獣映画は作れなかったということで、シン・ゴジラの話題は終了です。

別冊映画秘宝特撮秘宝vol.3 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)別冊映画秘宝特撮秘宝vol.3 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝 特撮秘宝vol.2 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝) 別冊映画秘宝特撮秘宝vol.1 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝) 仮面ライダー 昭和 vol.2 仮面ライダー1号・2号(後編) (平成ライダーシリーズMOOK) キャラクターランド vol.6: ハイパームック (HYPER MOOK) 宇宙船vol.152 (ホビージャパンMOOK 719)

by G-Tools



nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved