So-net無料ブログ作成

犬とクマ…間違えるだろうか? [海外の話題]

中国でベトナム人が番犬に最適と言って売りつけた「犬」が大きく育って
飼っていたニワトリを襲って食べてしまったために、犬ではなくクマだと
気付いたという嘘のような本当の話が数年前にありました。



映像に出てくる二頭の生き物は鋭い牙、力強い動き、長く鋭い爪とどこを
見てもクマにしか見えませんが、飼い主の人にとっては可愛いワンちゃん
だったようで、果物を与えたり水をかけたりして可愛がっていました。


中国ではクマを檻に入れて、生きたまま胆汁を採って漢方薬の「熊の胆」
として密売する事例が摘発される例が多いのですが、今回保護されたクマ
はそのような虐待はされていなかったので悪気はなかったのでしょう。

china_bear.jpg

犬として飼育していてもクマはクマですので、中国の動物保護法によって
クマを一般の個人が飼うことは法律で禁じられているため、麻酔を打たれ
動物園に収容されてしまったというのが結論なんですが、それでもやはり
クマを犬だと思っていたという話は信じられないなぁ…とは思います。





nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 27

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved