So-net無料ブログ作成

ダスティー・ローゼスさんが死去 [訃報・追悼]

名前を聞いても知らない人の方が多いかと思いますが、70年代の半ばに
全日本プロレスのマットに参戦して、ジャイアント馬場とジャンボ鶴田の
インターコンチネンタルタッグに挑戦し、70年代の後半になって新日本
プロレスに参戦、アントニオ猪木とタッグを組んで、スタン・ハンセンや
ハルク・ホーガンなどの人気レスラーと戦ったプロレスラーです。



1970年代といえば私が中学生から高校生の頃で、地元のキャパシティ
の少ない体育館でもプロレス興行が行われていた、プロレスブームの頃で
当時の人気選手の一人です。

Dusty-Rhodes.png

ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、ラッシャー木村など個性派のレスラー
が続々と鬼籍に入り、当時のスターだった選手はアントニオ猪木を筆頭に
さすがにプロレスラーとして一線で活躍している人はほとんどいません。

長州力が日本一滑舌の悪い男を天竜源一郎と競って、競馬実況をしている
企画を見て、ああ長州力もプロレスラーは廃業なんだと思ったぐらいで、
40年前の選手には思い入れがありましたので、ダスティー・ローゼスの
突然の死去(転倒して何かの合併症を起こしたようです。)に驚いたのと
昔を懐かしむ感情が出て、とりとめのない記事になってしまいました。

私、プロレスの味方です (新風舎文庫)私、プロレスの味方です (新風舎文庫)
村松 友視

教養としてのプロレス (双葉新書) 1964年のジャイアント馬場 完本 1976年のアントニオ猪木 (文春文庫) 全日本プロレス超人伝説 (文春新書) 泣き虫

by G-Tools



nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 23

コメント 2

アニ

また1人昭和の名レスラーが亡くなってしまったんですね。
ご冥福をお祈りします。
by アニ (2015-06-14 01:32) 

suzuran

アニさん:
コメントありがとうございます。

新日本プロレスと全日本プロレスがメジャーとしての影響力を失って
群雄割拠の時代が来てからは、プロレスに対する興味も失せたので
実際のところ、昭和のプロレス以外はあまりよくわかりません。

ザ・デストロイヤーとか、アブドーラ・ザ・ブッチャーなど、個性的な悪役も
加齢による引退とか露出の減少でリアルタイムに消息をつかむことも
難しくなっていますね。

by suzuran (2015-06-21 00:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved