So-net無料ブログ作成

フジテレビが低迷する理由 [テレビ]

フジテレビの亀山社長が、先日の萩原流行さんの奥さんの記者会見を無断
で生中継してルール違反と指摘された件について、定例記者会見で反論し
「会見を生で中継してほしくないっていうことが許されるのか。だったら
会見はしないほうがいい。会見をやるというのは、自分の肉声でライブで
伝えるということ」だと身勝手な持論を展開したようです。

kameyama.jpg

記者会見をしますという話と、生中継の可否は当然、会見を行う側に選択
の権利があるわけで、番組の情報ソースとして記者会見の内容を扱うのか
扱わないかの判断をする権利はメディア側にあります。


フジテレビ以外の放送局は録画取材であっても価値があるものとして会見
に参加したのに対して、フジテレビは会見の中で奇をてらった質問をして
ハプニング的な映像を期待して生中継にこだわり排除されました。

要するにフジテレビにとっては事件性の有無など本来、会見する側が社会
に対して訴えたいことを取材するのではなく、瞬間的な視聴率稼ぎが目的
であり、事故の記者会見にさえエンタテイメントを求めているわけです。

そのような守銭奴的なあざとさが、フジテレビの番組全体に社長の意志と
して反映されていることを感じている視聴者がフジテレビの番組に対して
拒絶感を持っているということに気付いていないのがフジテレビの低迷の
原因ではないかと思います。

fuji-tv.jpg

亀山社長は「踊る大捜査線」の、ドラマのプロデューサーとしての才覚は
あったようですが、事実を正確に放送するという報道の原則に対して演出
を取り入れることを当然と思い込んでいる時点でテレビ局の社長としては
失格だと思いますし、この社長ではフジテレビの低迷は続くでしょう。

社長を変えて、報道の原点に戻って放送することで視聴者の信頼を得ると
いうことを第一に考えないとフジテレビの復活はないでしょう。

パンチラ見せれば通るわよっ!―テレビ局就活の極意パンチラ見せれば通るわよっ!―テレビ局就活の極意
霜田 明寛

普通の僕らの負けない就活術 マスコミ就活革命(レボリューション) テレビ局の裏側 (新潮新書) 一般教養の天才 2016年採用 (Wセミナー マスコミ就職シリーズ) あの企業の入社試験に、あのひとが答えたなら。 それでもテレビは終わらない (岩波ブックレット)

by G-Tools



nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 34

コメント 2

アニ

自分たちが作っているものがどれだけつまらないものか?ということが分かっていないんでしょうね。
by アニ (2015-06-01 23:55) 

suzuran

アニさん:
コメントありがとうございます。

面白くするためには生中継のハプニング映像が欲しいというのが
結局は本音の部分だと思います。

が、特定のテーマに沿った記者会見(例えば、映画の宣伝)で、
結婚のお話が出ていますね?なんて質問をしている記者を見ると
バカじゃないの?とも思いますし、あざとさも感じますから、作る側
が思っているような効果は薄いと思うんですけどね。

自分目線であるがために理解できないのでしょうが。

by suzuran (2015-06-02 08:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved