So-net無料ブログ作成

性犯罪者・山本圭一がコントライブ [スキャンダル]

元極楽とんぼの山本圭一が、東京・下北沢でのコントライブに引き続いて
広島・宮崎でのコントライブ実施を発表しました。

芸能人の中には山本圭一の復帰を待望する人間もいるようですが、過去に
性犯罪者がお笑い芸人として芸能界に復帰した例はなく、元の所属事務所
の吉本興業も再契約をする意思はないことを表明しています。

犯罪に良いも悪いもありませんが、覚醒剤や薬物使用の場合、幻覚を見て
他者に危害を加えた芸能人は過去にいませんから、現実としては被害者は
存在していないのに対して、山本圭一の場合は表面に出ているだけでも、
交際していた女性に対して「俺の名前に傷が付く」と言って、中絶を強要
した事実を本人も認めていますし、北海道では10代の少女に酒を飲ませ
強姦するという懲役に相当する性犯罪を犯したものの示談になったために
不起訴処分という重大犯罪の加害者であった事実があります。


そのような性犯罪者を擁護して、芸能界へと復帰させようと画策している
芸人仲間には倫理観はないのでしょうか?

下北沢のライブでは実際には花など送られていないのに、大御所芸能人の
萩本欽一さんから花が届いたと会場で話したことが表沙汰になって顰蹙を
買い、いい加減な人間性を露呈しています。

解雇前に萩本欽一さんの野球チーム茨城GGに所属していた縁があること
を強調したかったようですが、逆効果でしたね。

また反省の日々として寺で修行していることを、わざわざ芸人仲間に公言
させるなど名前を露出させることに腐心していましたが、寺の修業を途中
で投げ出して、密かにテレビ番組のオーディションを受けたものの予選で
排除されたことも公表されています。

というようなことで、本人は別に反省などすることもなく、我欲のために
芸能界に復帰して、また女性を物色するつもりではないかと、個人的には
思っていますが、実際にどう考えているかは本人のみぞ知るですけどね。

とにかく、性犯罪者がお笑い芸人なんて冗談でも言って欲しくないです。

mk-47-striker.jpg

芸人という生きもの (新潮選書)芸人という生きもの (新潮選書)
吉川 潮

誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで 役者は一日にしてならず 花王名人劇場「立川談志×桂枝雀」 [DVD] 東横落語会 立川談志(全1巻) (CDブック) 立川談志 まくらコレクション 談志が語った“ニッポンの業

by G-Tools





nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved