So-net無料ブログ作成

マルシャチームも差し押さえ・F1 [スポーツ]


先日、運営資金面の問題で管財人の管理下におかれて事実上の差し押さえ
になったケータハムに続いて、F1に参戦中のマルシャF1チームも資金
の枯渇によって管財人の管理下におかれました。



鈴鹿サーキットでの事故後、意識不明の重体で入院しているドライバーの
ジュール・ビアンキがF1ドライバーとして復帰することは、現時点では
困難であることからジュール・ビアンキをサポートしているスポンサーの
支援は打ち切りになったことが考えられますし、ロシアの経済状況からも
新たなスポンサーを早急に見つけることは難しいと思われますので、今年
残っているレースへの参戦は無理だと思います。



せっかくフェラーリからエンジンを供給されても、パワーユニットを活用
出来るだけの車体を開発する資金が無くては勝つことは無理ですから来年
マルシャチームが存在するかどうかは微妙でしょうね。

メルセデスやフェラーリなど、メーカーが本気で勝ちに来ているチームと
新興チームの違いもあるでしょうが、金銭面でも実戦面でもチームの支え
になっていたジュール・ビアンキの事故はチーム自体の存続にも影響する
大きな痛手だったことが、はっきりと示されることになりました。

フェラーリの買い方 (竹書房新書)フェラーリの買い方 (竹書房新書)
清水 草一

MJブロンディの神車100選 (Gakken Mook) 福野礼一郎あれ以後全集〈1〉 午前零時の自動車評論7 名車アーカイブ フェラーリのすべて (モーターファン別冊 名車アーカイブ) 趣味車生活 (NEKO MOOK)

by G-Tools



nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 2

アニ

この後の3戦が一体どうなってしまうのか?心配ですね。
今F-1が大きな岐路に立っていることは明らかなのですが、バーニー・エクレストンがどうするのか?注目しています。
by アニ (2014-10-30 01:23) 

suzuran

アニさん:
コメントありがとうございます。

マルシャがフェラーリエンジンを積めるのは、フェラーリと関係の深い
ジュール・ビアンキが乗っていたからだと思うので、ジュール・ビアンキが
離脱してしまったら、資金もエンジンもマルシャを離れそうな気がするので
マルシャが来年参戦することは無さそうな気がします。
by suzuran (2014-10-31 00:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved