So-net無料ブログ作成

Fine On The Outside [音楽]

ジブリアニメの「思い出のマーニー」の主題歌に採用されているアメリカ
のシンガーソングライター、プリシラ・アーンの歌です。

自分を嫌いな少女、杏奈が喘息の療養のために義母と暮らす札幌から親戚
の住む釧路へと移り住み、そこで夏休みを過ごし、その間に知り合う金髪
の少女マーニーとの心の交流を描いた映画というのは以前にも書いたかと
思いますが、この映画のために作ったわけでもない作品が、映画の内容と
同じような情景を歌っていることに巡り合わせというか、不思議な共感性
を感じたものでした。

これ以降、思い出のマーニーのネタバレになりますので、まだ映画を観て
いない人で、映画を観る予定のある方は読まないで下さい。




実母に棄てられたと思いこみ、養育費補助としてお金をもらえるから義母
は自分を引き取ったと思いこみ、心を閉ざすことで学校のクラスの中でも
疎外感を持っている少女が、裕福でありながら実の親から愛されていると
いう実感を持てないマーニーと知り合うことで、自分の存在、他人の存在
を肯定的に考える気持ちの幅が広がっていく様子が描かれていき、最後に
マーニーが亡くなった祖母であることを知り、自分の母親はマーニーとの
確執の中で事故死をした事実を知ることになります。

一つ一つの出来事に全て意味があることに気付き、祖母が多感な少女時代
を過ごした洋館に引き寄せられたことで、大切に思う気持ちがあればこそ
義母は自分を育てていることを理解した杏奈は、義母の呼び方をおばさん
からお母さんに変え、人として成長したことを観客に伝えます。

男である私が、少女の気持ちを100%理解することは難しいことですが
記憶の彼方の子ども時代の同級生を思い出すと、どんな少女も持っている
感性が映画の中の杏奈に投影されているようにも感じます。

「思い出のマーニー」の主題歌として選ばれるべくしてプリシラ・アーン
の少女期の経験がFine On The Outsideという作品に
結実したのだと思いました。



特装版 思い出のマーニー特装版 思い出のマーニー
ジョーン・G・ロビンソン 松野 正子

思い出のマーニー ビジュアルガイド 思い出のマーニー (ジス・イズ・アニメーション) 思い出のマーニー When Marnie Was There (KODANSHA ENGLISH LIBRARY) ジ・アート・オブ 思い出のマーニー (ジブリTHE ARTシリーズ) 思い出のマーニー サントラ音楽集【特典:A5サイズクリアファイル付】

by G-Tools



nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved