So-net無料ブログ作成

コンサート・ノリ過ぎに注意 [音楽]

英国でヘビーメタルロックのファンがヘッドバンギング=音楽に合わせて
頭を上下に振る行動をした50代の男性が、脳出血を起こして手術をして
治癒したことが医学専門誌への寄稿でわかりました。


そりゃ脳にダメージがあるだろうなと思います。

過去にもコンサート中にノリノリで頭を振って踊っていたいた人が、突然
昏倒したまま意識が戻らずに死亡した、という突然死の例もありますから
音楽に興奮するのも良いのですが、自分自身で自制するように注意をして
最後までコンサートを聞く前に死亡なんてことにならないようにノリ過ぎ
に注意して下さいということになっています。


若い世代の人は、頭をブルンブルンと振っても頭蓋骨内にほぼピチピチに
脳が詰まっているのであまり問題はありませんが、50代ぐらいになると
徐々に脳が委縮しているので頭蓋骨と硬膜の間に隙間が出来て、大きく頭
を振ると脳が頭蓋骨内で移動するために、脳と硬膜の間を繋ぐ血管が破れ
急性硬膜下血腫が出来てしまい、脳が圧迫されて死亡します。

brain_trouble-2.jpg

脳神経外科の医師が分かりやすく説明する時の例にするのは洗面器の中に
豆腐を入れた状態を想像してくださいということですね。

水を張った洗面器の中に豆腐を入れると頭蓋内の脳を再現した形になると
いうことで、洗面器を素早く半回転ぐらい回すと豆腐はその速さについて
いけないので、ゆっくりと洗面器の動きを後追いするように動きます。

洗面器と豆腐を糸で結んでいると考えると、洗面器の早い動きにはついて
いけなかった豆腐はゆっくりと洗面器の動きを追いますが、洗面器と豆腐
を繋いでいた糸は切れてしまっていることでしょう。

頭部を激しく振ると動きについていけなかった豆腐=脳は神経をプチプチ
と切りながら脳の中を回ることで脳内出血の要因を作っているわけです。

brain_trouble.jpg

頭を大きく振った後で、頭痛が激しいようならば慢性か急性の硬膜下血腫
の場合が考えられますから、早めに医療機関を受診しましょう。


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved