So-net無料ブログ作成

ゴジラの最新予告映像を公開 [シネマクラブ]

今年5月16日にアメリカでの公開、7月には日本での公開が予定されて
いるアメリカ版ゴジラの最新予告映像が公開されました。

富士山の映像がチラッと映ったりしますが、ゴジラが日本に上陸する設定
は現在製作中の映画では聞いたことがありませんので、回想シーンとかで
出てくるのかな?と思います。

渡辺謙さんや宝田明さんも出演しているので、日本でのシーンがあっても
おかしくはないですね。





予告を見て…前作の巨大化したイグアナよりはオリジナルに近付いている
ように感じますが、天空に向かって吠えるゴジラの鼻先から首のラインが
妙にトカゲっぽくて、爬虫類が放射能で異常に成長したというリアリティ
を追求し過ぎていないですか?という疑念を感じました。



また家族や恋人の別れのシーンが予告編の半分を占めている辺りに日本で
公開された最終作にして最大の失敗作と同じように、怪獣映画のゴジラで
人間ドラマを描こうというスケベ根性も感じてしまったのが単なる稀有か
早とちりであることを願いたいと思います。

以前の予告編を見た時は、絶対に映画館まで観に行くという期待度80%
でしたが、今回の予告編を見て50%まで下がりました。

ゴジラをゴジラとして作れるのは東宝だけなのかも知れません。
但し、監督は新鋭クリエイターとか映像作家みたいなのじゃなくて本来の
映画監督が作るという条件付きですけどね。

ゴジラ DVDコレクションVゴジラ DVDコレクションV

ゴジラ DVDコレクションIV (4枚組) ゴジラ DVDコレクションIII(6枚組) ゴジラ×メカゴジラ [DVD] ゴジラ DVDコレクションI(5枚組) ゴジラ DVDコレクションII(7枚組)

by G-Tools



nice!(34)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 34

コメント 4

エコピーマン

確かに 日本の「ゴジラ」という感じではなく
ダイナソーというイメージですね
原子力爆弾が生んだ 恐竜がバカでかい怪獣になって
人間に降り掛かってくる警鐘は ストーリーの中に
あるのでしょうかね???
あまりの巨大さに 次元が違う気もしますかね...(´ー`)b
by エコピーマン (2014-04-23 18:49) 

名無し怪獣

>ゴジラが日本に上陸する設定は現在製作中の映画では聞いたことがありませんので、回想シーンとかで出てくるのかな?と思います。

今回のハリウッド版ゴジラについて、EMPIRE誌のゴジラ特集記事によると、「ゴジラは核にまつわる出来事で目を覚ます」「それが起こるのは日本」というのが東宝からの約定条項だったとのこと。
しかしその契約が交わされたのは福島第一原発事故よりも前だったため、震災後は監督や脚本家達はかなり配慮したみたいです。


>爬虫類が放射能で異常に成長したというリアリティを追求し過ぎていないですか?

本来ゴジラは、水爆実験で海底深くの住処を奪われた古代の巨大生物が人間世界に現れたというもので、元から巨大な生物なのです。
恐竜の生き残りが、放射能の影響で突然変異して巨大化したというのは平成シリーズ以降の設定ですね。
因みに今回のゴジラも予告編の中に、「1954年に我々は"何か"を目覚めさせてしまった」という台詞があります。


>怪獣映画のゴジラで人間ドラマを描こうというスケベ根性も感じてしまったのが単なる稀有か早とちりであることを願いたいと思います。

ゴジラシリーズに人間ドラマは付き物ですけどね(しかも初代は恋愛要素あり)。
問題は人間ドラマの有無ではなく、それがちゃんとその作品の魅力の一つになりうる出来なのかどうかでは?


>ゴジラをゴジラとして作れるのは東宝だけなのかも知れません。

私は今の堕落した東宝にゴジラを作ってもらいたくはないですね。
まぁ、腐ってるのは東宝に限ったことではありませんが…。
by 名無し怪獣 (2014-04-23 21:35) 

suzuran

エコピーマンさん:
コメントありがとうございます。

なんとなく予告編からの想像ですが、ゴジラザウルスの
存在を知っていたアメリカが水爆実験によってゴジラを
より強大な生物にしてしまったというような内容かな?
と思っています。

全長100メートルを超える巨大生物になったゴジラは
世界を滅亡させる破壊者として描かれ、人間達の正義
によって裁かれるという図式にどこまで捻りを加えるか
が映画の評価に繋がりそうです。

by suzuran (2014-04-25 01:40) 

suzuran

名無し怪獣さん:
コメントありがとうございます。

>今回のハリウッド版ゴジラについて、EMPIRE誌のゴジラ特集記事によると、「ゴジラは核にまつわる出来事で目を覚ます」「それが起こるのは日本」というのが東宝からの約定条項だったとのこと。

人間社会とは隔絶された世界で密かに生きていたゴジラを
目覚めさせてしまうのはアメリカの水爆実験で、ゴジラが
最初に上陸した1954年の東京が起源となるようですね。

>しかしその契約が交わされたのは福島第一原発事故よりも前だったため、震災後は監督や脚本家達はかなり配慮したみたいです。

現実に放射能を吐き散らかしている福島第一原発自体が
ゴジラと同じく人間が手のつけようのない存在であることを
世界に対して隠し事なく公表されるべきだと思います。

>ゴジラシリーズに人間ドラマは付き物ですけどね(しかも初代は恋愛要素あり)。

人間ドラマならまだしも、ファイナルウォーズのミュータントが
どうのという設定は行き過ぎで、付き合いきれませんでした。
怪獣映画としての質を向上させれば、恋愛だろうが師弟関係
だろうが何があっても構いません。

>問題は人間ドラマの有無ではなく、それがちゃんとその作品の魅力の一つになりうる出来なのかどうかでは?

古いゴジラはそれなりに出来ていましたが、平成ゴジラでは
確実にドラマは不要な存在になっていました。

>私は今の堕落した東宝にゴジラを作ってもらいたくはないですね。

東宝の特撮スタッフは存在感が無いですね。
ゴジラの資産価値をどのようにとらえているのかをもっと
前面で主張してもらいたいです。

by suzuran (2014-04-25 01:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved