So-net無料ブログ作成

未完成のワールドカップ会場 [スポーツ]


サッカーのワールドカップが2014年6月に開催されることが決まって
いますが、試合をするために必ず必要な会場自体の建設が遅れているため
計画通りの日程での開催が危ぶまれている状況になっています。

本来ならば全ての会場は2013年12月31日までに完成させなければ
ならないという期限が設定されていたにも関わらず、ブラジル国内で完成
しているのは12棟の使用会場のうちの半数のみとなっていて、2月の末
の時点でも3つの会場で工事に遅れが出ています。

その中でも日本チームがコロンビアと試合をする予定のクイアバが、最も
日本にとっては最も気になる会場で、現時点の進捗率は95パーセント。
ピッチは完成していますが照明・座席・屋根が工事中になっています。

もっとも工事が遅れているのがクリチバのアレーナ・ダ・バイシャーダと
いう名前の会場で、進捗率は90パーセント。
4万3000人収容のスタジアムの内、完成しているのは1万5000席
となっていて、開会式の一ヶ月前が完成予定になっています。

他にサンパウロの会場がクレーン事故で死者が出た関係で遅れていますが
工事関係者が事故死した会場での試合は、選手も観客も出来れば避けたい
という感じではないかと思います。

開会式以降の日程が確定している以上、遅れるわけにはいかないのは確か
なんですが、突貫工事の結果、大きな事故が起きればブラジルの国自体に
注がれる目線が変わりますからね、厳しい工事が続きそうです。

ブラジル (世界のともだち)ブラジル (世界のともだち)
永武 ひかる

フィンランド (世界のともだち) ルーマニア (世界のともだち) ケニア (世界のともだち) 韓国 (世界のともだち)

by G-Tools



nice!(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved