So-net無料ブログ作成

東京ドームで国民栄誉賞の授与式 [スポーツ]




読売巨人軍時代には燃える男と呼ばれ、現役引退後はミスタープロ野球と
呼ばれた長嶋茂雄氏と、読売巨人軍とニューヨーク・ヤンキースで活躍し
ゴジラと呼ばれた松井秀喜氏が東京ドームで国民栄誉賞を授与されます。

当日はピッチャー松井氏、バッター長嶋氏、キャッチャーに読売の原監督
というセレモニーが計画されていて、審判は安倍総理だそうです。

過去の国民栄誉賞も、大部分は政権与党の人気取り(国民はそんなに愚か
ではないのですが…)のための方策として利用されているイメージが相当
強いのですが、読売球団のホーム球場で読売グループの社内表彰みたいな
セレモニーを開かれてもな~というのが地方在住者で、尚且つアンチ読売
の本音の部分です。

個人的には松井氏に国民栄誉賞が授与されるのならば、メジャーリーグで
ノーヒットノーランを達成した野茂英雄投手には何故授与されないのか?
という疑問というか疑念がありますが、国民栄誉賞を選定する第三者機関
があるわけでもなく、政権与党の政治家が時流を考えて決めているような
感じなので「国民」不在な国民栄誉賞だと考えれば納得がいきます。

逆風に立つ    松井秀喜の美しい生き方逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方
伊集院 静

旅だから出逢えた言葉 松井秀喜―献身力 松井秀喜の言葉力 伊集院静の流儀 (文春文庫) 松井秀喜の言葉

by G-Tools



nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0





Copyright (c) 2013-2019 suzuran All right reserved