So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

前の5件 | -

40℃近い炎暑の季節になりました [環境・自然]

私の住む東海地方は、全国でも有名な気温の高い多治見や揖斐川町のある
地域ということもあり、朝から30℃を軽く超える猛暑と言うか道路上に
陽炎が揺らめく炎暑という感じの毎日です。

セミの鳴き声が一日中聞こえるようになり、朝早い時間(セミには時間の
概念はないですからね)から目一杯の音量でセミが鳴き、うるさいなんて
言葉で表せるものではない騒々しさです。



私の住んでいるところの近くには、鎌倉時代から続いている古い寺があり
その境内の林の中では、ごく小さなニイニイゼミから大型のクマゼミまで
時間帯によって奏者の代わる大演奏会が繰り広げられます。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

余っている国産ウナギ [限定グルメ]

7月20日は土用の丑の日ということで、ウナギを扱う生産者にとっては
年に数度(最近は春の土用とか冬の土用とかなんでもありですからね)の
ビッグビジネスのチャンスということになりますが、国産ウナギの養殖を
行っている生産者にとっては、ウナギが売れない傾向が数年前から進んで
きていて存続の危機になっているようです。

unagi_kabayaki.jpg

生産量はシラスウナギ(ウナギの稚魚)の漁獲量がそのまま反映するので
昨年と比べて四分の一という減少で、需要が供給を大きく上回り出荷量が
不足する事態が予想されていましたが、国産ウナギの価格の高騰ぶりから
ウナギの蒲焼を焼く老舗の専門店から外食産業まで外国産ウナギを主原料
にするようになっているために国産ウナギが売れないのが実際のところで
宮崎県の養鰻業者は廃業の危機にさらされているみたいです。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

劇団四季元代表の浅利慶太さんが死去 [訃報・追悼]

事実上、今年4月に上演されたミュージカル「李香蘭」を最後に、舞台の
演出から離れてはいましたが劇団四季の創立メンバーとしてミュージカル
を日本に定着させた功労者として、そして数多くの役者を発掘した演出家
として、裏方のスタッフを育成した舞台監督として、さらに劇団四季専用
の劇場建設を指揮するなど、劇団四季の全ての部分において代表者だった
浅利慶太さんが悪性リンパ腫で亡くなりました。85歳でした。

keita_asari.jpg

そんなに劇場で観ているわけではありませんが、高校の頃は演劇部に所属
していたことで、演劇の古典作品である「ヴェニスの商人」のセット搬入
などを手伝うという体験学習みたいなことを経験させてもらう機会があり
当時は若手だった加賀武史さん、市村正親さんなど、以降の看板スターを
間近で見ることが出来たのは大切な思い出になっています。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

お墓の約半数が無縁仏…無理もない [雑談]

後一か月もしないうちに旧盆ということで、生まれ育った実家に墓参りに
行くという人も少なくないかも知れませんが、実際のところ山里など田舎
の人口減少は想像以上に早い速度で進んでいて、先祖からのお墓の面倒を
みる人が亡くなって無縁仏化しているお墓がたくさんあるようです。

muenhotoke.JPG

熊本県人吉市では市内の全墓地の実態調査を行なったところ995カ所の
にある墓1万5123基の内の6474基が無縁墓だったことが判明して
中には墓地のうちの8割が無縁だったところもあったようです。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パッキャオがTKO勝ち [スポーツ]

オーストラリアで疑惑の判定の結果、WBOのチャンピオンから陥落した
フィリピンの英雄マニー・パッキャオが納得できる敗戦ではなくこのまま
引退をするのは悔いが残るということで、マレーシアのクアラルンプール
で開催された約一年ぶりの再起戦は、WBAウェルター級タイトルマッチ
が組まれ、パッキャオは挑戦者としてチャンピオンでアルゼンチン国籍の
ルーカス・マティセとの試合に臨みました。



結果は多くの報道で既報となっているようにパッキャオの圧勝でした。
3Rで一回目のダウンを奪い往年のハードパンチャーの勢いを取り戻した
勢いで5Rで二度目のダウン、そして7Rで戦意喪失気味のチャンピオン
を攻めてレフェリーストップということでTKO勝ちを決めました。

続きを読む


nice!(44)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -





Copyright (c) 2013-2018 suzuran All right reserved