So-net無料ブログ作成
検索選択

テレビ ブログトップ
前の5件 | -

視聴者と感性の違うテレビ局スタッフ [テレビ]

「千と千尋の神隠し」に続く興行成績を達成した、「アナと雪の女王」が
地上波初登場の鳴り物入りでフジテレビで放映され、19.7%の視聴率
を取りましたが、映画の入場者数や評判の高さ、ノーカット放映をすると
いう事前のPRの規模からすれば、予想を下回る結果だったのではないか
というのが本音の部分です。



フジテレビの独自の演出がなければ20%を超えたのではないかと指摘を
受けているのが、映画の本編終了後のエンドロールを大幅に改変して独自
の映像(芸人やフジテレビのアナウンサー、一般人が主題歌を順番に歌い
オリジナル映像のMay.Jの歌が聴けなかった)を流して、さらに自社
の新番組の宣伝も映像の中に取り込んでいたためにノーカット上映に期待
していた人たとは怒り頂点に達したみたいです。

続きを読む


ホテルのビデオ・オンデマンド [テレビ]

最近はビジネスホテルに限らず、いわゆるシティホテルと呼ばれるところ
でもVOD(ビデオオンデマンド)システムが一般化していて、客室内に
映画の番組表みたいなものが置いてあります。

大体は、一日1,000円で映画を見放題ということになっていますが、
普通にホテルに宿泊して室内に何時間居るかといったら夕方から翌朝まで
の精々12-14時間ぐらいでしょうし、当然、寝る時間もありますから
見ることのできる映画の数なんて2-3本だとは思います。

ビデオオンデマンドのリストの中にはアダルトビデオも含まれているので
実は映画を見るつもりなどない人が、領収書にVODと書いてあった時に
いやあ、どうしても見たい映画があってさ~なんて言い訳をする時のため
に導入されているのかな?とも思いますが、それはどうでもいいです。

続きを読む


性犯罪者に優しいフジテレビ [テレビ]

未成年者に酒を飲ませて抵抗できなくした上で、性行為をした挙句、同意
の上だったとして準強姦罪を和解に持ち込み、不起訴処分になった卑劣な
芸人の山本圭壱を10年間反省していた、という意味不明の理由でテレビ
に復帰させたフジテレビの「めちゃ×イケてるッ!」が、7月31日分の
放送に続いて、また山本圭壱関連の内容で特集を組みました。

yamamoto_keiichi1608.jpg

吉本興業の後輩芸人やコンビを組む加藤、岡村などが涙を流して山本圭壱
を叱るという茶番のような番組が視聴率を取れるわけもなく、6.8%と
フジテレビの一押し看板番組としては、惨憺たる成績で、そもそも一般の
視聴者で性犯罪者がヘラヘラと笑顔でコントを演ずる姿を見て笑える人が
どれだけいるかという方に興味があります。

続きを読む


先見性のないフジテレビ [テレビ]

在京キー局の中で、圧倒的な負け組と化しているフジテレビ
昼間の時間帯の視聴率を稼いでいた韓流ドラマを、ごく一部のネトウヨに
韓流ドラマばかりを放送していると批判されたことで、韓流ドラマの放送
を打ち切って、ネトウヨだけが大喜びをしたものの、極端なヘイト集団の
抗議を粛々と受け入れるその姿勢が一般視聴者から嫌われたのも、一つの
要因だと思いますし、ジャニーズ事務所の幹部にベッタリで木村拓哉以外
のメンバーを晒し者にした人権感覚のなさや長いものに巻かれる体質など
一般世間で嫌われる要因を多々持っているのがフジテレビの体質です。

fujitv_odaiba.jpg

AKB関連で女性蔑視思想の強い秋元康の意向に逆らうことなくセクハラ
パワハラ紛いの放送を恥じることなくしていることも問題だと思いますし
自民党・安倍政権を支援・擁護する偏向放送を全く悪気もなく続けている
ということに対する批判があるのも事実だと思います。

続きを読む


もっともゲスなのはテレビ局 [テレビ]

乙武洋匡の不倫が週刊新潮で掲載されてから、今までは清廉潔白のように
思われていた人物のスキャンダルなだけに、ハゲワシのようなテレビ局が
大喜びで取り上げるかと思っていたら、意外に小さく済ませようみたいな
感じだったので、他人の色恋沙汰にコメンテーターなんて呼ばれる人まで
なんだかんだと意見を言うのにも飽きたのかと思いましたら、少々控えめ
だった姿勢に変化が出て来て、過去に合コンで誘われたことがあるなんて
女性が登場して、下世話な話を喋り始めましたね。

テレビ局も毎日毎日、エッチだ、性交渉だなんて話ばかりで、そんな話題
に振り回されるのもどうなんだと自問自答していたわけではなく、結局は
自民党から選挙に出る予定の人を叩いたりして、自民党からなんだかんだ
と揚げ足取りをされるのが面倒だというくだらない理由で候補者としての
乙武洋匡の話題を避けてきましたが、自民党が擁立を断念したことにより
火の粉がかかる危険が遠のいたというヘタレな理由で、乙武洋匡の不倫を
面白おかしく取り上げることを決めたようです。

続きを読む


前の5件 | - テレビ ブログトップ





Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved