So-net無料ブログ作成
検索選択

藤田菜々子騎手が土日連勝 [競馬]

去年のデビュー時にはJRA久しぶりの女性騎手ということでメディア
取り上げ方も尋常ではありませんでしたが、今年はレース以外の日も取材
で追いかけられるようなこともなく、悪く言えばブームが去ってただの人
状態ですが、本人からすれば収入から好きなタイプなど、根掘り葉掘りの
質問攻めが無くなって、馬と向き合える時間が取れるようになって騎手と
しての環境は好転したのではないでしょうか。

nanako_northern_horsepark.jpg

JRAの競走馬は良血馬は一億円以上で購入されていますから、馬主さん
も勝算のない若手騎手、それもまだ実績の少ない女性騎手(女性騎手だと
騎乗依頼が少ないという事実は否めないでしょうね)に任せるのはリスク
が大きいですから、どうしても血統の良い馬には乗せてもらえないという
現実はあり、なかなか勝てないのもまた事実です。

続きを読む


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:競馬

三浦皇成が落馬事故から復帰 [競馬]

昨年8月に札幌競馬場で騎乗馬がレース中に転倒したために落馬し、肋骨
と骨盤を骨折し、折れた肋骨が肺、副腎に刺さって一時は生死の問題だと
言われるほどの重傷を負って療養していた三浦皇成騎手が、約一年ぶりに
競馬場に復帰できそうな状態になって戻ってきました。



デビュー時は競馬界のレジェンド武豊騎手の新人騎手年間最多記録を更新
するなど、天才・武豊を超える技術を持つスーパージョッキーの登場だと
騒がれて新世代のリーダーだと呼ばれましたが、今一つ期待に応えられず
現在までに重賞勝利数は10勝、GⅠレースでの勝利はありません。

続きを読む


nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

福永祐一騎手が2000勝 [競馬]

武邦彦と福永洋一という天才型の騎手が競っていた昭和40年から50年代。
通算1163勝で引退した武邦彦騎手は調教師になり、武豊、武幸四郎の
二人の息子を騎手として競馬界に送り出しました。

福永洋一は983勝で騎手を引退しましたが、競争中の落馬によって頭部
を強打した影響で競走馬に騎乗することが出来なくなったことによるもの
で志半ばでの引退となり、福永祐一を競馬界に送り出しました。

事故の直後は頭部から地面に叩きつけられ、落馬現場は舌を嚙んだことに
よる出血でみるみるうちにターフが血に染まったと伝えられるほどの事故
で命の危険も伝えられましたが、命を取り留め、一生動くことが出来ない
という話もありましたがリハビリの結果、競争は出来ないものの馬に乗る
ことは出来る程度まで回復し、武邦彦さんは亡くなりましたが、福永洋一
さんは現在も健在です。

続きを読む


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

キタサンブラックが負けちゃった [競馬]

大阪杯、天皇賞・春と連勝して、宝塚記念で勝つと賞金1億5千万円の他
古馬三冠ボーナスとして2億円の賞金がかかっていたキタサンブラックが
1番人気の期待を背負って出走した宝塚記念は、残念なことに11頭中の
9着と日本ダービー以来の悪い結果でした。



日本ダービーは14着でしたが、その後は1から3着以外はなく、去年の
宝塚記念以来の3着以下になります。

京都競馬場、東京競馬場のような広い競馬場を気分良く走ると成績が良く
阪神競馬場と中山競馬場のように小回りの競馬場で走るのはあまり好きで
ないというような感じですが、雨降りもあまり好きじゃないのかな。

続きを読む


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

宝塚記念・ファン投票結果 [競馬]

競馬の締めくくりになる宝塚記念のファン投票が締め切られ、大阪杯と
天皇賞・春を連勝して、古馬三冠に王手をかけているキタサンブラックが
有効投票総数110万6746票の約一割を占める、10万1621票を
獲得したキタサンブラックが二年連続で一位になりました。



馬主さんが歌手の北島三郎さんということで、メディアでの取り上げ方も
特別扱いになっていますから知名度という点では、間違いなく一位ですし
現在の主戦騎手の武豊騎手は天才ジョッキーとして、これまた競馬に興味
がなくても名前ぐらいはしっている有名人、さらにキタサンブラック自身
GⅠ5勝の実績がありますから、思い入れのある競走馬が存在する人以外
はキタサンブラックに投票する割合は高いと思います。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬





Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved