So-net無料ブログ作成
検索選択

Wake Up [音楽]

チューリップ財津和夫がソロシンガーとして、セイコーのCMソングと
して歌っていた、父親が結婚していく娘に対しての想いを綴っている
どちらかと言えば珍しいタイプのラブソングです。



普通、ラブソングと言えば男女の関係(恋愛、結婚)を歌ったものが殆ど
なのですが、父親が娘に注いでいる愛情というのは半端なものではないと
いう事例を結婚式などではよく見ますからね、父親が愛娘に対して伝える
ラブソングというのは、もっといろいろあっても良いと思います。

続きを読む


マーリンズの若手投手が事故死 [訃報・追悼]

年中温暖で、マリンスポーツが盛んなフロリダ州マイアミに本拠地を置き
イチローメジャーでの通算3000本安打を達成し、その偉大な記録を
祝福するセレモニーが予定されていたマイアミ・マーリンズのデーゲーム
の日にマーリンズの稼ぎ頭で今年は過去最高の16勝を挙げているエース
ホセ・フェルナンデス投手が高速ボートの事故で亡くなりました。

Fernandez_boat.jpg

まだ24歳で、メジャーリーグの中でも将来を嘱望されている先発投手で
2013年に新人王に選出され、事故のあった当日に先発の予定でしたが
チーム事情により翌日の試合にスライドされていたということで、もしも
予定通りの先発ならば起きなかった事故かも知れませんが、事故の後から
「もしも」を言っても仕方ありませんから、このような事故に遭ったのも
一つの運命だったと考えるしかないのでしょう。

続きを読む


「怪奇・吸血人間スネーク」という映画 [映画関連]

現在も第一線で活躍するスティーブン・スピルバーグ監督の出世作である
ジョーズが大ヒットした後、動物が関係するパニック映画が過去の作品も
含めて続々と公開され、めぼしい作品が無くなった頃に公開されたのが、
タイトルに書いた「怪奇・吸血人間スネーク」でした。

内容的には、錯乱した科学者がキングコブラに魅入られ、青年にコブラの
血清を打ち続けて青年をコブラに変えてしまう、という非現実的な作品で
人間がコブラに変わる特殊メーキャップ(後にスターウォーズなどの作品
を手掛けたリック・ベイカーが担当)だけが見どころの映画でした。

なぜ、そのような駄作が公開されたのか?と言えば、この作品の製作者が
ジョーズのプロデューサーであったデイヴィッド・ブラウン、リチャード
・D・ザナックだったというだけのことで、70年代は今ほどアメリカ
B級作品は公開されていなかったので、ジョーズ関連で稼げそうな映画は
ないのか?と日本の配給会社が探して見つけ出したのが、この映画だった
わけですね。

続きを読む


クィーンが日本武道館公演 [音楽]

今年はフレディー・マーキュリーの生誕70周年と亡くなってから25年
になる節目の年だということで、30年ぶりに日本武道館でコンサート
開催され、9月21日が最初の公演でした。

adam_queen.jpg

後は22日、23日の三日間の日程なので実際のところは日本公演は既に
終了しているわけですが、前回の日本公演の時は元バッド・カンパニーの
ポール・ロジャースがメインボーカルとして参加していましたが、今回は
アダム・ランバートということで、年齢的に若くなりましたし、声の質的
にはポール・ロジャースよりもフレディ・マーキュリーの雰囲気に近いと
いうように感じます。(あくまでも個人の感想です)

続きを読む


浜田省吾・ソロ40周年ツアースタート [音楽]

浜田省吾さんが愛奴でデビューして、一年後に解散、そしてソロデビュー
をしたのが1976年ということで今年が40周年になります。

Shogo_H.jpg

愛奴の時に一緒に活動していた町支寛二はソロデビュー後も一緒に行動し
現在も浜田省吾のコンサートに欠かせないギタリスト、そしてコーラスの
才能を発揮していますということで、デビューから40年目のコンサート
ツアー「ON THE ROAD 2016 “Journey of 
a Songwriter” since 1976」というタイトル
長野のビッグハット(長野オリンピックの会場)からスタートしました。

続きを読む







Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved