So-net無料ブログ作成

危険なアイドルの握手会 [イベント]

先日、幕張メッセで開催された欅坂46のイベントの握手会で、発煙筒が
焚かれた上に、札幌市から来た阿部凌平容疑者が荷物の中に果物ナイフを
隠し持っていたとして銃刀法違反容疑で逮捕された事件がありました。

この時には不幸中の幸いで、メンバー、スタッフ、来場者には怪我はなく
発煙筒を焚いた阿部容疑者はその場で取り押さえられましたが同じような
事件は数年前にも発生していて、この時はAKB48のメンバーが犯人に
のこぎりで切りつけられて怪我をしています。

想像の範囲でも鋭利な刃物で切られるよりも、傷口は広がりますし痛みも
酷いと思いますが、重傷ではなかっただけマシという感じでした。


状況は違いますが、シンガーソングライターとして活動していた女子大生
がライブ会場の入口で待ち伏せていたストーカー(本人は裁判になっても
自分の非を全く認めていないので刑法上無理は承知ですが死刑にしないと
出所した後が危険だと思います)に襲われて生死の境を彷徨いました。

一昔前はアイドルや芸能人は絶対に不可侵な状況にあり、精神的に問題が
あるかのような自称ファンは近寄れませんでしたが、秋元康の商売根性に
よって「触れるアイドル」が既定路線になったことで、狂気を秘めて現実
を理解できていない錯乱した男による犯罪が続いています。

過去にも松田聖子が襲われたとか、もっと古い話では美空ひばりが薬品を
かけられるなんてこともありましたが、周囲にスタッフがいたことで重大
な致命的な怪我を負うことはありませんでした。

逆に言えば、周囲をガードされている状況で事件を起こしているぐらいの
相当の殺意があったと思われますから、現在のような緩い警備の状況なら
昭和の歌姫は亡くなっていたかも知れません。
 
keyakizaka46.jpg
 
というような危険が想定できるにも関わらず、また7月9日に欅坂46の
握手会イベントが横浜で開催されるようです。

警備については最善を尽くすと主催するレコード会社の広報は言いますが
普通に考えたらAKB48の事件の後で、発煙筒を焚かれたり、ましてや
ナイフが持ち込まれるなんてことはあってはならないことです。

そのような警備ミスをしておきながら最善を尽くすというのは、明らかに
詭弁であり元々から予定があったので、中止すると経費が勿体ないという
経済的理由以外に中止できない理由はないでしょう。

それとも欅坂46のファンは目前でメンバーが刺されて、鮮血を噴き出し
悶絶する姿を動画に撮って配信することを密かな目的にして握手会に参加
しているのでしょうか?

自分が大切に思いリスペクトするアイドルが万に一つでも危害を加えられ
命の危険があるかも知れないイベントが中止されても、それを不満に思い
抗議するようなことはないと思いますが、そういうわけでもないのかな。

小汚いファンの手を握る(もしかしたら握手する直前に、手を舐めている
とか下半身を握っているかも知れません)ことを、メンバー全員が楽しい
イベントだと考えているとも思えないので、安全のために握手会イベント
は止めた方が良いと思います。

もう楽しいことしかしたくないから、イケメンに会いに行った。
もう楽しいことしかしたくないから、イケメンに会いに行った。竹内 佐千子

ぶんか社 2016-08-16
売り上げランキング : 133500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブラブラ珍所~イケメンに会いたくて~ TOKYO中年駄ホモ生活 バンギャルちゃんの日常 4 わたしが女の子を好きになった日 (BAMBOO ESSAY SELECTION) タクマとハナコ1 即席ビジンのつくりかた (ワイドKC) おっかけ! おまつり万歳! 2DK 2015 AUTUMN (KCデラックス モーニング) 独身OLのすべて(6) (KCデラックス モーニング)



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved