So-net無料ブログ作成
検索選択

マクラーレン・ホンダは終わりのようだ [モータースポーツ]

カナダGPの予選が終わり、ポールポジションはいつも同様にメルセデス
のルイス・ハミルトンが過去最速タイムの1分11秒459で獲得しました。

二位以下には、これまたいつものメンバーが並び三列目までをメルセデス
フェラーリ、レッドブルが占めて、それ以下にはウィリアムズ、フォース
インディア、ルノーと続いてマクラーレン。ホンダの最上位は12位の
フェルナンド・アロンソ、ストフェル・バンドーンはQ2にも進出できず
16位(8列目スタート)という惨状です。

トップのルイス・ハミルトンとの差はアロンソでも2秒、バンドーンだと
約2.5秒ありますから予選ほどの速さはないとしても一周ごとに2秒の
差をつけられるということですから、30周で周回遅れになります。


フェルナンド・アロンソにはエンジンがホンダでなければ、マクラーレン
は競争的で少なくとも上位の二台(ハミルトンとベッテル)の次に着ける
ことが可能なレベルだと言われる始末で、9月までに勝てなければチーム
に残るつもりはないと最後通告を突きつけられてしまいました。

mclaren-mcl32-1.jpg

アロンソが二流のドライバーで勝てない責任は自分持ちな人ならば自分の
ことを棚に上げてという話ですが、初めてのインディ500に出走しても
レースの中盤では一時トップを走った順応性と実力を持ったドライバーな
だけにホンダエンジンのパワーのなさ、信頼性のなさは言い訳の出来ない
レベルにあるということでしょう。
 
mclaren-mcl32-2.jpg
 
マクラーレンとしてもカナダGPでアップグレードしたエンジンを供給し
上位チームと対等に戦えるスペックを実現すると言っていながら、結局は
アップグレードはなく、バクー(アゼルバイジャン)で投入するといった
出す出す詐欺みたいなことをしていては、エンジンの信頼性だけではなく
ホンダのF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介に対するマクラーレンの
信頼さえ失墜するのも致し方なしという状況に見えますし、実際のところ
メルセデス、フェラーリ、ルノーとエンジンの供給についての事前交渉が
行なわれていることを隠していませんから、来年、マクラーレン・ルノー
になるのか、マクラーレン・フェラーリになるのかは不明ですが、ホンダ
でない可能性はとても大きいように思います。
 
mclaren-mcl32-3.jpg
 
マクラーレンに対して、ドライバーのギャラも含めてホンダが巨額の資金
を投入しているとはいえ、F1の世界でのマクラーレンは優勝経験も豊富
でプライドを捨ててまで資金にこだわるチームでもないですし、戦闘力が
向上すればスポンサーの獲得に苦労するチームでもありませんから、来年
ホンダがパートナーとして契約するのはザウバーとフォース・インディア
になるのではないかと勝手に予想します。

マクラーレン・ホンダは終わり。
チームマクラーレンがそのように結論付けるのは近いと思います。

F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号
F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号
三栄書房 2017-06-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ) F1速報 2017年 6/1号 第5戦スペインGP F1速報 2017年 6/29号 第7戦カナダGP F1速報 2017年 7/13号 第8戦ヨーロッパGP GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK) レーシングオン  No.489グループCクロニクル vol.4 ランチア&プジョー (NEWS mook) AUTO SPORT 2017年 6/9号 No.1457 autosport 別冊 FORMULA 1 file F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念) F1速報 2017年 5/18号 第4戦ロシアGP



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2016 suzuran All right reserved