So-net無料ブログ作成

レディー・ガガが女優デビュー [映画関連]

レディー・ガガがロサンゼルス郊外で開催された野外音楽フェスティバル
の「コーチェラ」に出演して新曲を含めて約20曲を歌いました。



当初の予定ではビヨンセが初日のトリを務めるはずでしたが、双子の妊娠
が発覚して降板したためにレディー・ガガにイベント初日のラストという
大役が回ってきたみたいです。

今月からは映画女優になりたいという夢が叶ったスター誕生の主役として
撮影が開始され、今回のコーチェラ・フェスティバルでもいくつかの場面
の撮影が行われたようです。


個人的な話なんですが「スター誕生」は私が中学二年生だった時に初めて
映画を観に行くことになっていた女の子と観に行くはずだった映画だった
わけですが、ドタキャンされまして相当な痛手でした。
この時は「スター誕生」ではなく「スタア誕生」でした。



当時はバーブラ・ストライサンドが新人歌手、落ち目のスター歌手の役が
クリス・クリストファーソンで、バーブラ・ストライサンドが人気が出る
のと対比するようにクリス・クリストファーソンが落ちぶれていくという
映画で、バーブラ・ストライサンドの歌った主題歌もヒットしました。



このバーブラ・ストライサンド版がリメイクでしたから、元々はもっと前
に作られた映画になりますから今度で三回目の映画になるのかな?

ストーリー的にはリメイクなのでそんなに違いはないと思いますが40年
以上も前の映画を再び撮ることの意味はなんだろう、なんてことをチラッ
と思いますが、念願の女優としてデビューするレディー・ガガにとっては
ヒット作品になると良いですね。

夢を食った男たち―「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代 (文春文庫)
夢を食った男たち―「スター誕生」と歌謡曲黄金の70年代 (文春文庫)阿久 悠

文藝春秋 2007-12-06
売り上げランキング : 254794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
星をつくった男 阿久悠と、その時代 (講談社文庫) 歌謡曲――時代を彩った歌たち (岩波新書) 作詞入門―阿久式ヒット・ソングの技法 (岩波現代文庫) 歌謡曲から「昭和」を読む (NHK出版新書) 昭和歌謡1945~1989 歌謡曲黄金時代のラブソングと日本人 (廣済堂新書) 安井かずみがいた時代 (集英社文庫) 「企み」の仕事術 (男のVシリーズ) 1984年の歌謡曲 (イースト新書) 歌謡曲が聴こえる (新潮新書 596) 「明星」50年601枚の表紙 カラー版 (集英社新書)



nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0






Copyright (c) 2013-2017 suzuran All right reserved